ローカル写真日記2.0

プロフィール

ナツボウ

Author:ナツボウ
島根県在住
カメラ、鉄道好き。(鳥も)
作品といえるものは無く、人生の記録として写真撮ってます。
最近始めた鳥の撮影、ちょっと楽しんでます。

◆最近のテーマ◆
テーマがコロコロ変わるのですが、しばらくは幻の広浜鉄道今福線を題材にしていきます。
祝! 今福線シンポジウム!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
検索フォーム
撮影機材

  SONY α77  SLT-A77V
  SONY α77  SLT-A77V

 ◆SONY
  50/F1.4 SAL50F14
  100/F2.8 Macro SAL100M28
  70-200/F2.8 G SAL70200G
  DT 11-18/F4.5-5.6 SAL1118
  DT 16-50/F2.8 SAL1650
  DT 18-250/F3.5-6.3 SAL18250
  Carl Zeiss Vario-Sonnar T*
  DT 16-80/F3.5-4.5 ZA SAL1680Z

 ◆TAMRON
  SP 150-600/F5-6.3 Di USD(A011)

 ◆KENKO
  TELEPLUS MC4 1.4xDGX
  TELEPLUS MC7 2xDG

 ◆VIXEN
  ED80SF

 ◆SLIK
  ザ プロフェッショナル4
  プロ700DXⅡ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 --/--/--(--) --:--:--
/
新しいレンズも加わったので久しぶりに集合写真を撮ってみました。
撮影には5年前のコンデジを持ち出してみましたが、意外とまだまだ使えそうです。

集合写真1

かなりレンズの構成は変わっていますが、絶対数は増えないですね。
必要なければドナドナ主義ですから・・・


集合写真2

こちら4年前に撮った集合写真です。
この時のものは何一つ残ってなく、すべて入れ替わってます。


比較1

白レンズの大きさ比較ですが、ほぼ同じ位でした。
重量はレンズ枚数の多いズームレンズの方が重いです。


比較2

フードを外してみました。
太さや長さが違いますが、やはりほぼ互角のサイズでしょう。

こんな集合写真や比較写真なんて、自己満足の世界なんですけどね(笑)



機材 2010/11/12(金) 22:58:35
コメント (0) / トラックバック (0) トップへ戻る
今年もこの季節がやってきました。
と言っても、今年はかなりの金欠です。
前回でお伝えしたとおり、α550のドナドナ+その他ドナドナで捻出した予算を充当して何を買うか?

欲しいものは沢山あります。
α550に変わるもの・・・α55。
随分値段も下がってきましたが、来年出るとされる新型機を狙うつもりなので今回はパス。

SONYから最近出たレンズ、85mmF2.8SAM。
キタムラの価格調査で22000円、はじめてレンズシリーズなんですが評判も良く激安。
値段が値段なので即注文しかけましたが、冷静に考えてみると・・・
圧倒的な描写の70-200F2.8Gを所持していて、果たして必要なレンズなのか?
やはりこれもパス。

では何にする?
α900が欲しくても予算はありません。
でももう少し機材を処分すれば不可能ではないのです。
ですがそれなりの準備も要るので、今回はパス。

色々と悩んだ結果、やはり今回はレンズを買う事にしました。
決まると右手が動くのが早く、気が付けばマウスをクリックしてました(汗)
で、買ったのはこれです・・・

サンヨン1

MINOLTA AF APO TELE 300mmF4G
サンニッパが買えない為の代用レンズみたいなものです(笑)
SONYからはサンヨンレンズが出ていないので中古のミノルタ製となります。 
 

サンヨン2

金属鏡胴なのでズッシリ、シッカリ感があります。
でも、予想してたよりも軽量コンパクトで、「あれ?こんなもの?」と思わず思ってしまいました。
多分、SONY70-200F2.8よりも軽量コンパクトかと思いますが、今度並べてみましょう。


サンヨン3

ミノルタのハイスピードレンズは、ギヤ比を変更してAF速度を改善したものです。
以前、ハイスピード80-200F2.8Gを使ったときにも思いましたが、これって結構早い・・・
改めて使ってみると、現在所有の超音波内蔵70-200F2.8Gよりも早いんじゃないだろうか?
もう16年前に発表されたレンズですが、現在でも十分に使えるレンズだと思います。
そして、早速近場で試写してみました。
大砲レンズで撮るものはやはり鳥でしょうか(笑)


サンヨンテスト1

フォーカスリミッターもちゃんと付いていますが、範囲を任意に設定できるところがありがたいです。
カチッとピンが決まるのでとても気持ち良いですよ。


サンヨンテスト2

水面の描写もしっかりしてますね。
ネットの情報であまり期待してなかったレンズですが、個人的には満足レベルです。


サンヨンテスト3
作例 SONY α700+MINOLTA AF APO TELE 300mmF4G

ボケのテスト。
柔らかい感じで良い雰囲気です。
日暮れ間近であまり撮影出来なかったのですが、またもう少し使ってみたいと思います。

で、もう少し使ったら・・・

ドナドナします(予告)

なぜ?って・・・

これが最終目的ではないからです。
わらしべ長者方式(?)によって更に次を狙います。

今回のこのレンズはお金があればぜひ所有したいレンズではありますが、つぎの物欲を満たせるまでの繋ぎとなりそうです。

ブログオークション~
このレンズ、欲しい方は一声お掛けくださいませ~(笑)





機材 2010/11/10(水) 22:48:31
コメント (2) / トラックバック (0) トップへ戻る
先日、韓国メーカー、SAMYANG(サムヤン)のレンズが日本に上陸しました。
今回は85mmF1.4と8mmF3.5 FISH-EYEの2本です。 
ネット上で作例や情報収集しましたが、このレンズたちの評価は良いようです。

以前から魚眼レンズが欲しかったので、8mmの方を早速買ってみました。

魚眼1

マニュアルレンズではありますが、APS専用なので対角線魚眼で180度の画角が楽しめます。

手にしてみた感想ですが・・・
レンズ鏡胴が金属製でずっしり感があり、梨地加工等もされてるので決して安っぽくありません。
マニュアルフォーカスと言っても、ほとんどパンフォーカスの領域ですから操作性も問題ありませんね。
マウントも各社固定マウントになります。


魚眼2

カメラに装着してみました。
付けっぱなしにしたくなるレンズです。
お散歩が楽しくなりそうですよ。


魚眼テスト1

とにかく一度テスト撮影がしたくて、仕事中にシャッターを切ってみました。
う~ん、なかなかの歪みです。
鉄道撮影には無理ですが、パースを強調出来るようなアングルでの撮影が楽しくなりそうです。


魚眼テスト2
SONY α550+SAMYANG 8/F3.5 FISH-EYE

横に並んだ自動販売機たちも、この歪み・・・
AF慣れしてるのでピントの確認をつい忘れてしまいますが、ピントリングが少々動いたって問題ないレベルです。
それ以前にファインダー内で微妙なピントを掴むのは難しいでしょうね。

で、で、気になるお値段ですが・・・

今回発売のこの2本のレンズ、どちらも29800円!!

この金額で魚の世界が楽しめるなら、ズバリ!買いでしょう!
気になる方はググって見てくださいね。


一度、鉄道撮影にも使ってみたいな~(笑)



機材 2010/05/31(月) 22:30:54
コメント (9) / トラックバック (1) トップへ戻る
動画マニアの叔父から突如舞い込んできたビデオカメラの話。
沢山所持していて少し処分したいとのこと・・・


ビデオカメラかぁ~???

私が所有していたのはずいぶん昔の話・・・
旧パスポートサイズ(笑)Hi8の時代。

使用頻度も少なく手放して以来、ずっとカメラのシャッターを切っていました。


以前はあまり興味も無かったのですが、最近では動画も流行の傾向で・・・
有っても悪くないかも・・・

いや、欲しい!


で、現物はコレ。



HC-1-1


少し前の型になりますが、SONYのHDR-HC1。
一応、ハイビジョンで当時では高級機。

それに何と! テレコン、ワイコン、三脚、予備バッテリー2個、その他一式のセット。


そして気になるお値段が何と!  30000円!!!

激安~!!!!

ということで、即金、1つ返事で頂戴いたしました。


HC-1-2
すべてSONY α550+DT 18-55/F3.5-5.6 SAM

お徳感はさておき、この文字にもやられたかも・・・(笑)


手にしてみてもイマイチ使い方がわからない・・・
ずいぶんブランクがありましたからね。

いつデビューできるか分かりませんが、少しづつ手を染めたいと思います。



機材 2010/03/14(日) 23:40:14
コメント (10) / トラックバック (0) トップへ戻る
新春早々、悪い病気が発症しました。
新しいカメラが欲しい!
α900の価格が下落したのを機会にメラメラと物欲がピークに・・・

α900が欲しい!

でも予算が全然届きません。

で、よ~く頭を整理して悩んだ挙句に買ったのはこれ。

α550-1

相当妥協しました。
価格差、三分の一ですから・・・
過去の機種を追いかけるよりも、最新機種の強みを考慮して選んだ結果です。
高速連写7コマ、ISO 12800、ライブビュー、ダイナミックレンジコントロールなどなど、
今の環境に足りない機能を補うほうが実用性は高いかと・・・


α550-2

正直言って、何とも落ち着かないデザインです。
α700に慣れてるせいか、ホールド性もイマイチ。
でも、試写の結果は先ず先ずで、気軽に使えるカメラだと思います。

そして、何故かレンズキット・・・
キットレンズは不要なのですが、ボディだけよりもキットの方が安い!
流通量の関係だとは思いますが、最近はおかしな傾向ですね。
折角のタダレンズなので気楽に使い倒してしまいましょう。
機材 2010/01/21(木) 22:23:35
コメント (10) / トラックバック (0) トップへ戻る
使い方によってはちょっと便利なアイテムをご紹介します。
今年の夏頃、どうしても立ち位置が定まらず、僅か10メートルの距離を行ったり来たりしていました。
カメラ2台体制でも難しい条件・・・  
それは別々の場所で同時にシャッターを切ることです。

付属のリモコンは赤外線方式でカメラ前面に向けないと作動しません。
それも赤外線では数十センチしか届きませんし・・・
所有のリモートケーブルは50センチ・・・ これでもカメラの側からしかシャッターを切ることは出来ません。

そこで、無線のリモコンが欲しくなっていたのですが、なかなか購入には至りませんでした・・・が!


先月の「オリオン座流星群」を撮影した時に決断しました。
寒い中での長時間撮影を経験し、今月の「しし座流星群」を迎え撃つのには絶対に必要だと・・・

そして購入したのが中国製の無線リモートコントローラー(激安!)です。


無線リモコン


スイッチ半押しでAF、連写やバルブ撮影にも対応しており、通常のリモートケーブルと操作感は同じです。
有効距離はなんと100メートル。
障害物があってロスが出たとしても十分使える有効距離です。

同じ機器を使っている方と電波が干渉しないように、周波数も変えられるようになっています。
これがないと他人のカメラも操作してしまうことになりますが、そんなに需要は無いと思うので周波数は初期設定のままです。

これからの寒~い季節に、車の中でシャッターを切れるなんて考えただけでも活用価値ありです!
カメラは無人くん状態・・・
置き三脚どころか置きカメラで、無人撮影なんて少し奇妙かも・・・

鉄道撮影の場合は、カーブのインとアウトを同時に撮影出来るとか、近付き難い場所での無人撮影など、考えれば色々と使えそうです。
きっと今後の強い武器となること間違いないでしょう。


ご購入予定の方は周波数が干渉しないようにご一報くださいね(笑)


機材 2009/11/12(木) 21:57:53
コメント (10) / トラックバック (0) トップへ戻る
先日購入したばかりの鉄ちゃんバー(マルチアーム)ですが、どうもシックリこなくてプレートに変更しました。
何がシックリこないかと言えば、構図の決め難さでしょうか?
2台セッティングして1台の構図を決めると、もう1台は構図を決めることが出来ません。
2台がほぼ同じ方向を向けば大丈夫なのでしょうけど・・・
それでは面白くないので機材変更です。(←素早い)


プレート+自由雲台1

今度はプレート+自由雲台×2。
自由雲台を初めて使ってみましたが、なんとも自由な構図が得られ、これは便利。(←そのまんま)
ただし、水平を取るのが困難だとか・・・


プレート+自由雲台2

まあ、滅多に出番はなさそうなので、これで三脚における機材は全部揃ったと言ったとこでしょうか。
一生モンのつもりで使っていきたいと思いますよ。



機材 2009/09/30(水) 23:59:06
コメント (4) / トラックバック (0) トップへ戻る
国産最大級のサイズを誇る、スリックのプロヨンを衝動買いしてしまいました(汗)
最大パイプ径36mm、伸長253cm、重量6.8kg!
びっくりたまげた~

プロ4-1

予想以上に頑丈で、背も高く、そして重い・・・
とてもメインで使えそうに無いので、今までの三脚と併用することにしよう。
そうすると2本持参??? 


プロ4-2

部屋の中で立ててみると・・・
危ない!危なすぎる・・・
これって脚の出し入れがデカくて重くて、かなり要領が必要みたい。
エレベーター伸ばすと天井まで当たってしまい、まるでつっかえ棒?


プロ4-3

三段脚立をつかっても最大長の時は届かないな~
この雲台の上にもまだまだ色々と乗っかる予定。
益々届かないや。
機動力には欠けるけど、きっと役に立ってくれると信じなきゃ、使ってられないでしょ(笑)





機材 2009/09/27(日) 01:40:15
コメント (8) / トラックバック (0) トップへ戻る
久しぶりに機材ネタでも・・・

鉄撮りには欠かせないとされる、マルチプレートやマルチアーム。
これらは三脚上に複数のカメラを設置するものである。
特にマルチアームの方は「鉄ちゃんバー」とも呼ばれる鉄御用達アイテムなのだ。


鉄ちゃんバー1

新しく発売になったSLIK製のマルチアームⅢを購入してみました。
以前のものよりも値段は上がっていますが、クイックシュー付きになり操作性も向上しています。
耐久性や使用感を確認するために早速カメラをのっけてみました。


鉄ちゃんバー2

う~ん・・・微妙?
やっぱり雲台がちょっと貧弱でしょうか。
上に乗せる機材の重量にもよりますが、ちょっと不安ですね。


鉄ちゃんバー3

今回、バーが少し長くなったようなのでゆったりとはしていますが、やっぱりプレートの方が安心感があるかもしれません。

普段はカット数を稼ぐために1台は三脚固定、もう1台は手持ちにて撮影しています。
手持ちの方がアングルに融通が利くからですね。
来たる激パの地で、スマートに撮影しようと思い購入しましたが、普段は必要なさそうです。
少し使ってからマルチプレート+自由雲台に移行しようと思います。



機材 2009/09/03(木) 22:14:54
コメント (12) / トラックバック (0) トップへ戻る
物欲の秋でもないのに、久しぶりの機材調達です。
手持ちのレンズで欠けているもの・・・  やっぱり500mmクラスのレンズです。
滅多に活躍することは無くても、手元に置いておきたいクラスです。

で、散々悩んだ挙句にやっぱりこのレンズを選んでしまいました。

500rf-1

500mm単焦点の反射望遠レンズです。
このレンズは以前所有していましたが、訳あって手放してしまいました。(以前はミノルタ製)
その時の喜びの記事はこちらです。
http://natubou2.blog81.fc2.com/blog-entry-51.html


500rf-2

超望遠の単焦点が扱いにくいことは分かっていて、ズームレンズの便利さ、少しでも明るいレンズとの迷いの結果が今回の再購入です。
やはり機動力を重視してコンパクトさを選んでしまいました。
以前使っていて、使用感も把握している事ですし・・・


500rf-3

今回は奮発してソニー製。
今度の休みはリングボケを久しぶりに味わってみたいと思います。
当然、鉄にも使いますよ~


機材 2009/07/26(日) 23:08:53
コメント (10) / トラックバック (0) トップへ戻る

前のページへ次のページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。