ローカル写真日記2.0

プロフィール

ナツボウ

Author:ナツボウ
島根県在住
カメラ、鉄道好き。(鳥も)
作品といえるものは無く、人生の記録として写真撮ってます。
最近始めた鳥の撮影、ちょっと楽しんでます。

◆最近のテーマ◆
テーマがコロコロ変わるのですが、しばらくは幻の広浜鉄道今福線を題材にしていきます。
祝! 今福線シンポジウム!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
検索フォーム
撮影機材

  SONY α77  SLT-A77V
  SONY α77  SLT-A77V

 ◆SONY
  50/F1.4 SAL50F14
  100/F2.8 Macro SAL100M28
  70-200/F2.8 G SAL70200G
  DT 11-18/F4.5-5.6 SAL1118
  DT 16-50/F2.8 SAL1650
  DT 18-250/F3.5-6.3 SAL18250
  Carl Zeiss Vario-Sonnar T*
  DT 16-80/F3.5-4.5 ZA SAL1680Z

 ◆TAMRON
  SP 150-600/F5-6.3 Di USD(A011)

 ◆KENKO
  TELEPLUS MC4 1.4xDGX
  TELEPLUS MC7 2xDG

 ◆VIXEN
  ED80SF

 ◆SLIK
  ザ プロフェッショナル4
  プロ700DXⅡ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 --/--/--(--) --:--:--
/
山口、島根で多くの被害を出した豪雨から3日が経ちました。
被害に遭われた方にはこの場を借りてお見舞い申し上げます。

各地では急ピッチで復旧作業が始まっています。
報道、救助、視察、作業者などで現場はざわめいてますが、お邪魔にならないよう山口線の被害状況を確認してきました。


津和野駅

益田から確認しましたが、日原駅周辺で路盤のゆがみを確認。
津和野駅周辺では特に被害は見えませんでした。
心配していた津和野商店街も無事です。
道の駅の先から白井方面はかなりの被害が出ている模様ですが、通行止めに付き未確認。

本日から益田駅に留置してある広島車の回送が三江線経由で始まりました。
津和野駅に残るキハ5両もいずれ益田経由で引き揚げになるでしょうね。

それでは災害各地の状況です。 【続きを見る】
美祢線の災害後、一度も足を踏み入れてませんでしたが、
その後の復旧具合を確認するために災害の大きかった場所に行ってみました。

美祢線復旧1

南大嶺~四郎ヶ原間です。
少し驚いたのは、まだこの程度しか修復されてなかった事です。


美祢線復旧2

橋梁も修復中のようですが、作業者の姿が見えませんでした。
作業の音はしていたので1~2名はいたのでしょうか?


美祢線復旧3

厚保~湯ノ峠間の線路が剥ぎ取られた場所です。
気が付けば川沿いにも仮設の道が付けられていますね。
この道が残されれば新たなるポイントが出来そうです。


美祢線復旧4

松ヶ瀬のこの場所は概ね修復されていました。
後の会社も綺麗になり、背景に邪魔な色も無くなったようです。


美祢線復旧5

しかし、湯ノ峠駅周辺のこの場所は手付かずのまま・・・


美祢線復旧6


その他の場所は未確認ですが、まだまだ手が付けられていない場所はあるようです。
この復旧工事の過程を見て思ったことは、まだまだ時間がかかるという事。
公式でも発表があったようですが、山口国体には間に合わないとか・・・

結局、今年中は無理って事なんですね。
とほほ・・・





キヤ検8
SONY α55+DT 18-250/F3.5-6.3

最近のカメラは高感度も強くなりましたね。
おかげで少々暗くても速いシャッターが切れるようになりました。

写真は ISO 3200 F4.5  SS 320分の1です。

撮影の幅が広がることは大変嬉しい事ですね。
月一更新の何かヤバイ状態になってます(汗)

今年の冬は天気の悪い日が多く、なかなか撮影が出来なくてどんどん意欲が低下しています。
そんな中で先日キヤ検の情報を頂き、少しだけ撮影して来ました。

せっかく買ったα55のテスト撮影も殆どしてなかったので、試しに秒10コマの連写に挑戦です。
画像がしつこいので7枚ほど載せますね。

キヤ検1

キヤ検2

キヤ検3

キヤ検4

キヤ検5

キヤ検6

キヤ検7
SONY α55+DT 18-250/F3.5-6.3

手持ち撮影なのでフレーミングが少し変わってますが、驚異的な連写速度がお解かりいただけますか。
普段は現像が面倒なので連写は使わずに適度にシャッターを押してますが、
この機種はレスポンスが悪いようで一度シャッターを切るとタイムラグがあるようです。
動体は連写を使えって感じですかね~

画像はJPEG加工無しです。
フォトショップのバージョンが古くなってRAWが対応しないようです・・・(涙)





久しぶりのネタをキャッチしまして、仕事前にもかかわらず早朝より出撃してきました。

今回のネタは、特急「はまかぜ」に使用される新造車、キハ189系です。
何故に我が町にやって来たのかは???ですが、試運転との事でした。

朝5時起きにて、最初にやって来たのは・・・


189-1
SONY α700+50/F1.4

言わずと知れた超有名お立ち台。山口線本俣賀です。
厳しい条件とは分かっていても、今となっては6両編成の列車などあり得ません。
お馴染みの光景に異色の車両、とってもミスマッチですね。



189-2
SONY α700+Vario-Sonnar T*DT 16-80/F3.5-4.5 ZA

試運転でも特急列車?、次の場所への移動では時間ギリギリでした。
珍しい車両だけに同じく有名ポイントへ。
曇り空だけに日本海が綺麗でなくて少し残念です。


189-3
SONY α700+70-200/F2.8 G(トリミング)

この先、仕事前の追っかけにも限度があるので、自宅から程好い場所にてラストショット。
この区間は撮り場がないので俯瞰してみましたが、何だか見難い写真になってしまいました。

今後、この車両は「はまかぜ」として活躍するのですが、最初で最後かもしれない山口線、山陰本線への入線がとっても貴重なものとなりました。


~おまけ~
本俣賀の様子を動画に撮りました。

[広告] VPS


黄色キハ14
SONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

比較的最近に撮影したものです。
お決まりの事ですが、当日は天気が悪かったです(笑)
山陽本線での狙いもこんなのしか撮れてません。
未だに黄色単色の電車に出会うことも無いですね~

肌寒い季節に突入しましたが、少しは動きが活発化するのでしょうか???

美祢
SONY α700+70-200/F2.8 G

2009.10撮影

昨日発表がありましたね。
今後の課題は沢山あるものの、とりあえずホッとしています。
しかし、復旧には1年とありますのでまだまだ先の話になりそうです。
それまで発電所が別のルートを確保しなければ良いのですが・・・

大崎鼻
SONY α350+DT 18-250/F3.5-6.3

2008.4撮影

継続のために、過去撮影分も含めて更新していきます。

逆光向きでクッキリしてないためにお蔵入りしていた写真です。
撮影対象になる車両も少ない区間ですが、ぜひとも撮り直ししたい場所です。
少し息が切れる場所ですが、必ずもう一度・・・

ずいぶんと放置してしまいました。
ネタは無いにしても過去の記録はまだまだあります。
気分的なものですが、単にサボっていただけの事です。

もうすぐこのブログも丸4年、長ければこんな時だってありますよね。
直ぐに完全復帰出来るか分かりませんが、とりあえず継続して行きたいと思います。

黄色キハ13
SONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

特急「いそかぜ」亡き後、すっかり荒れてしまった有名撮影地に足を運びました。
いつかは登ろうと思っていた場所でしたが、今回気合が入ったのはキハを撮るためではありませんでした。
狙いは工臨・・・しかしながら時刻を読み間違えて撮影できず・・・

悔し紛れに撮ったキハですが、最初で最後のポイントかも・・・
結構キツイです。
ブログにアップする事を躊躇っていましたが、一応記録ということで・・・

GWに柵原ふれあい鉱山公園に出掛けてきました。
ご存知の方も多いですが、ここには平成3年に廃止された片上鉄道の車両たちが保存されているのです。
それも動態保存で、休日には保存会の皆さんで今でも展示運転が実現しています。


私鉄に疎い私なのですが・・・
以前出張の際に車を走らせていると、何やら廃止路線跡と思われる路盤跡が目に入ってきました。
ずいぶん並走しながら走ったものですが、後で調べてみるとそれが片上鉄道の廃線とわかったのです。
それからいつの日か機会があれば訪れてみたいと思っていました。

ということで、その機会がありましたので行ってきました(笑)



片上鉄道1

この日の展示運転はキハ303とキハ702の2両です。
どちらも旧国鉄の払い下げ車ですが、私が見るのは初めての車両です。


片上鉄道2

とにかく車両は見慣れないものではありましたが、私の幼い頃のもの以前の懐かしき時代へタイムスリップしたかのようです。
塗色は保存会の皆さんで塗り直されてるようですが、少し原型の色とは違うのかな?


片上鉄道3

展示運転といっても残されたレールは総延長300メートルです。
駅のホームからでもその終わりが確認できます。
でも、逆に言えば良く300メートルでも残せたな~とは思いますが・・・


片上鉄道4

一日会員になれば乗り放題になります。
300メートルを往復するだけだったので一度しか乗りませんでしたが、この「乗れる」って事が素晴らしいのではないでしょうか。
切符売り場で数点の注意事項、「命の補償はありません・・・」
ちょっとビックリしましたが、すぐに納得。


片上鉄道5

初めて乗る車内ですが、昭和のレトロ臭がぷんぷんします。
幅の狭いシート、懐かしの灰皿や扇風機、手動開閉の窓など。
特にディーゼルの排煙臭は凄かったですね~
これが堪らなく懐かしいのですが・・・


片上鉄道6

非貫通ですので運転士さんは両方の車両に乗車しています。
連結間隔もありありですね。


片上鉄道7

駅の看板は書き換えられたものですね。
そういえば、ここには猫の駅長さんが居ます。
ちらっと見かけましたが仕事はしてなさそうでした(笑)
それよりも後の車両が気になるでしょ?


片上鉄道8

外観は傷みが激しくなってきていますが、こちらのホハフ3002の車内に入る事ができました。


片上鉄道9

これ!これ!
旧客マニアにはとても懐かしいです~
所々改造もされていますが、懐かしさは昔のままです。


片上鉄道10

ホハフ・・・ 聞き慣れない形式ですが、張り紙の下には「オハ35」の表記。
どうりで見慣れた車両の訳ですね。


片上鉄道11

こちらは国鉄型原型を留めているDD13型機関車。
過給器やインタークーラーを搭載した出力増強車らしい。
ここにいるのが勿体無い・・・何処かで活躍出来ないものだろうか?


片上鉄道12
SONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

まあ、とにかくこうして懐かしの車両が保存される事や、また見れる事に感謝しなければなりませんね。
休日にもかかわらず、保存会の皆さんの苦労は大変なものだと思います。
これからも守る使命を貫き、いつまでも頑張ってもらいたいと思います。
残る限り、きっとまた足を運ぶことでしょう。






















前のページへ次のページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。