ローカル写真日記2.0

プロフィール

ナツボウ

Author:ナツボウ
島根県在住
カメラ、鉄道好き。(鳥も)
作品といえるものは無く、人生の記録として写真撮ってます。
最近始めた鳥の撮影、ちょっと楽しんでます。

◆最近のテーマ◆
テーマがコロコロ変わるのですが、しばらくは幻の広浜鉄道今福線を題材にしていきます。
祝! 今福線シンポジウム!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
検索フォーム
撮影機材

  SONY α77  SLT-A77V
  SONY α77  SLT-A77V

 ◆SONY
  50/F1.4 SAL50F14
  100/F2.8 Macro SAL100M28
  70-200/F2.8 G SAL70200G
  DT 11-18/F4.5-5.6 SAL1118
  DT 16-50/F2.8 SAL1650
  DT 18-250/F3.5-6.3 SAL18250
  Carl Zeiss Vario-Sonnar T*
  DT 16-80/F3.5-4.5 ZA SAL1680Z

 ◆TAMRON
  SP 150-600/F5-6.3 Di USD(A011)

 ◆KENKO
  TELEPLUS MC4 1.4xDGX
  TELEPLUS MC7 2xDG

 ◆VIXEN
  ED80SF

 ◆SLIK
  ザ プロフェッショナル4
  プロ700DXⅡ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 --/--/--(--) --:--:--
/
前回からの続きです。
記念館を後にして、次は人間魚雷訓練基地に行ってみました。
ここに足を運ぶのが今回最大のテーマでした。


回天&大津島21

訓練基地までは長いトンネルをくぐって行きます。
調整工場から魚雷を運ぶために作られたトンネルで、搭乗員もこのトンネルを歩いて基地まで行ったそうです。


回天&大津島22

結構長いトンネルです。
足元には当時、魚雷をトロッコに載せて運んだと見られる軌道跡があります。


回天&大津島23

途中で軌道は複線となり、ここで空のトロッコと行き違いをしてたのでしょう。
列車と同じですね。
ちょうど広くなったこの場所にパネル写真が展示してあります。
人を感知するセンサーによって自動ガイドの解説が流れます。


回天&大津島24

当時の写真が飾られます。
このパネルの説明欄には搭乗員の言葉が記されていました。

お父さん
お父さんの髭は痛かったです。
お母さん
情けは人の為ならず
和ちゃん
海は私です

これは故海軍少尉 上西徳英君(当時18歳)の遺書の一部です。
映画にも使われていました。


回天&大津島25

トンネルを抜けると・・・


回天&大津島26

そこには訓練基地が・・・
説明は↓


回天&大津島29



回天&大津島27

まさしくこれは戦争遺跡です。


回天&大津島28

とにかく見てください。


回天&大津島32

「回天」を吊るしたクレーン跡


回天&大津島30

そして、想像してみてください。


回天&大津島31

魚雷発射口


回天&大津島33

冷静ではいられなくなります・・・


次回、最終回、あと1回続きます。









コメント

素晴らしい

ありがとうごさいます
感動させられました、まだ映画も見ていませんがもう行ってこの眼で触れた気がしました。最終を楽しみにしております。

コージーさん

こちらこそありがとうございます。
私も最初はネット上の写真を見て鳥肌が立つような気持ちになりました。
さらに映画を観た後はどうしても直接見たいという気持ちが強くなりましたよ。
ぜひ映画も観られて、現地に足を運ばれることをお勧めいたします。

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natubou2.blog81.fc2.com/tb.php/613-aa07f1c1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。