ローカル写真日記2.0

プロフィール

ナツボウ

Author:ナツボウ
島根県在住
カメラ、鉄道好き。(鳥も)
作品といえるものは無く、人生の記録として写真撮ってます。
最近始めた鳥の撮影、ちょっと楽しんでます。

◆最近のテーマ◆
テーマがコロコロ変わるのですが、しばらくは幻の広浜鉄道今福線を題材にしていきます。
祝! 今福線シンポジウム!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
検索フォーム
撮影機材

  SONY α77  SLT-A77V
  SONY α77  SLT-A77V

 ◆SONY
  50/F1.4 SAL50F14
  100/F2.8 Macro SAL100M28
  70-200/F2.8 G SAL70200G
  DT 11-18/F4.5-5.6 SAL1118
  DT 16-50/F2.8 SAL1650
  DT 18-250/F3.5-6.3 SAL18250
  Carl Zeiss Vario-Sonnar T*
  DT 16-80/F3.5-4.5 ZA SAL1680Z

 ◆TAMRON
  SP 150-600/F5-6.3 Di USD(A011)

 ◆KENKO
  TELEPLUS MC4 1.4xDGX
  TELEPLUS MC7 2xDG

 ◆VIXEN
  ED80SF

 ◆SLIK
  ザ プロフェッショナル4
  プロ700DXⅡ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 --/--/--(--) --:--:--
/
5月5日、急遽予定して出掛けてまいりました。
行き先は山口県周南市、徳山港沖合い10数kmに浮かぶ大津島。

この島には表題のとおり、人間魚雷「回天」の訓練基地が戦争遺産として今も残されています。


人間魚雷「回天」とは・・・

太平洋戦争末期の旧日本海軍が「人間魚雷」として開発した日本初の特攻兵器です。
特攻兵器には水中、水上、空中と戦死を前提とする体当たり、自爆といった戦法のため開発された様々な兵器がありますが、この「回天」は九三式三型魚雷(酸素魚雷)を改造し、人間が乗り込んで操縦できるようにした人間魚雷です。
使用によって死を伴う兵器で生還手段が残されていません。



何とも悲しい兵器ではありませんか・・・

これは何としても自分の目で見て記録に残さなければ・・・

と言うことで、数回に分けてその様子をお伝えいたします。



回天&大津島1

早朝にやって来た徳山港です。
まず目に入るのは「回天」のレプリカ。
全長14.7m、直径1mと、とても目を引きます。


回天&大津島2

看板には、
この人間魚雷「回天」は、平成18年9月に公開された映画「出口のない海」の撮影で使用された実物大の模型で、周南市内で制作されたものです。
回天烈士の国難に殉じていった若者達の崇高な精神や人命の尊さ、そして平和の大切さを多くの方々に知っていただき後世に伝承するため、「回天レプリカ等保存協議会」が周南市の玄関口徳山駅から臨むことができ、大津島へ向かうフェリー乗り場の導線上に展示したものです。
以下省略~


回天&大津島3

そうなんです。
実際に足を運んでみようと思わさせられたのがこの映画、「出口のない海」

太平洋戦争末期、海の特攻兵器と呼ばれた人間魚雷“回天”に乗り込んだ若者たちの姿を通し、生きることの意味を問いかける戦争ドラマ。原作と監督は『半落ち』の横山秀夫と佐々部清、脚本は名匠、山田洋次と『うなぎ』の冨川元文という、日本映画界を担う一流スタッフが結集した。主演は、映画初出演となる歌舞伎俳優の市川海老蔵。共演に伊勢谷友介、上野樹里、塩谷瞬など期待の若手俳優ら豪華キャストがそろった。何のために生き、何のために死ぬのかを問いつづけた若者たちの姿が痛切。
~YAHOO映画より転載~


回天&大津島4

フェリー乗り場には映画のロケ写真が多数飾られてます。
ロケは山口県各地で行われてますので、映画を観た後のロケ地巡りも楽しそうです。


回天&大津島5

昔から山口県の観光ガイドに回天訓練基地は出ていました。
まさかフェリーに乗らねば行けない所だとも知らずに、いつかは行きたいと思っていました。
いよいよ大津島へ向けて出航です。
片道690円、所要44分。

次回に続きます・・・


コメント

すばらしいレポートそして画像ですね

お話しされていましたところにやはり決行されたんですね、ちょうどジャストで「出口のない海」をレンタルしてきました。タイトルだけは知っていましたがあまりに悲しいお話なんで今の私にはちょい耐えれないかもしれないですがせっかくなんで拝見したいと思います、そして続きレポート、画像を楽しみにしています。

コージーさん

コメントありがとうございます。
ご一緒にってお話もありましたが、これから暑い季節になるとどんどん腰が重くなりそうで・・・
思い立ったので即座に出掛けてまいりました。

「出口のない海」はそんなに重苦しい映画じゃないので大丈夫だと思いますよ。
映画+戦争遺跡で効果は増大すると思います。
このレポートで共感されましたらぜひ足を運んでみてくださいね。
それでは続き行きます!

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natubou2.blog81.fc2.com/tb.php/610-f54f8b51


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。