ローカル写真日記2.0

プロフィール

ナツボウ

Author:ナツボウ
島根県在住
カメラ、鉄道好き。(鳥も)
作品といえるものは無く、人生の記録として写真撮ってます。
最近始めた鳥の撮影、ちょっと楽しんでます。

◆最近のテーマ◆
テーマがコロコロ変わるのですが、しばらくは幻の広浜鉄道今福線を題材にしていきます。
祝! 今福線シンポジウム!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
検索フォーム
撮影機材

  SONY α77  SLT-A77V
  SONY α77  SLT-A77V

 ◆SONY
  50/F1.4 SAL50F14
  100/F2.8 Macro SAL100M28
  70-200/F2.8 G SAL70200G
  DT 11-18/F4.5-5.6 SAL1118
  DT 16-50/F2.8 SAL1650
  DT 18-250/F3.5-6.3 SAL18250
  Carl Zeiss Vario-Sonnar T*
  DT 16-80/F3.5-4.5 ZA SAL1680Z

 ◆TAMRON
  SP 150-600/F5-6.3 Di USD(A011)

 ◆KENKO
  TELEPLUS MC4 1.4xDGX
  TELEPLUS MC7 2xDG

 ◆VIXEN
  ED80SF

 ◆SLIK
  ザ プロフェッショナル4
  プロ700DXⅡ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 --/--/--(--) --:--:--
/
先日、お天気が良いので長門峡方面に出掛けてみました。
川沿いの道路を走るとまず目に付くのは、橋のある風景です。

長門峡1

コントラスト強めで切り取ってみました。
深みのある川が何とも言えません。


長門峡2

同じ橋を角度を変えて。


長門峡3

通りすがりなのでスローシャッターは使わずに普通に撮影。


長門峡4
すべてSONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

なんとか岩って看板がありましたけど忘れてしまいました。
水面を見ていただければわかりますが、今年の夏は異常な天気でコケが猛繁殖しています。
ちょっと気持ち悪い色でした。

今回の教訓
もう少し紅葉の季節に来ればよかった。





風景 2008/09/16(火) 21:56:20
コメント (6) / トラックバック (0) トップへ戻る

コメント

こんばんは~

いや~、最近はナツボウさんにしては珍しい連日のエントリーっすねw

1枚目の水面の写りこみと小波だっている部分の対比がエエ感じっす♪
しかし水の色、角度を変えると全然違うんですね~
これはちょい驚きました。

ボチボチ物欲の秋をむかえますが、物欲は抑えて写欲フルスロットルで行きましょう(^-^)ノ

おはようございます

橋って難しいんですよね。
でも、ナツボウさんのこのお写真は
さすがです。
構図も見事です。
私事ですが、私は奥多摩によく行きます。
たくさんの橋がかかっています。
が、どれも失敗に終わります。
コツはあるのでしょうか?

KETUNORI(^ー^)ノさん

おはようございます。
さすがKETUNORI(^ー^)ノさんは目の付けどころが違いますね~
撮影角度の違いで水面の色が違うなんて、私は考えもしなかったです。
鋭い観察力をお持ちのようですね。

最近は極力エントリーしようと努力はしてますが、ブログ3年目にもなると色々と大変ですね。
最近ではすっかり鉄道ブログに変わってしまいました。
物欲も金欠によって封印されてますよ。

kijanさん

おはようございます。
橋を撮るのってそんなに難しいかなぁ~
私は極普通に撮っただけですよ。
画面にちゃんと収まるように構図を撮るだけです。
ぜひぜひ奥多摩でリベンジしてみてくださいね。

ちなみに一枚目はカメラの設定をビビッドにしてあります。

長門峡ええですねぇ。
鉄道写真にはまる前は、こういう風景写真がメインで、ここには何度も訪れたことがありますよ。
最後のカット、あれは、「重塀岩」という名前が付けられています。

3枚目のカット付近(と言うかそのもの)には、「切籠・切窓」という巨岩があり、看板もあったと思いますよ。
もしまた機会があれば、見てみてくださいね。

やまぐちの鉄道写真さん

おお!さすがは山口を知り尽したやま鉄さんですね~
そうそう、「重塀岩」でした。
ちょうどその看板があるところから撮影しましたが、適当に撮ったもので名前は忘れてしまいましたね。
「切籠・切窓」も確認してます。
ふ~んっていう感じだったので撮影はしませんでした(笑)
もっと奥に行けば見所は沢山あるのでしょうね。
又の機会に行ってみようと思います。

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natubou2.blog81.fc2.com/tb.php/250-f66da18a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。