ローカル写真日記2.0

プロフィール

ナツボウ

Author:ナツボウ
島根県在住
カメラ、鉄道好き。(鳥も)
作品といえるものは無く、人生の記録として写真撮ってます。
最近始めた鳥の撮影、ちょっと楽しんでます。

◆最近のテーマ◆
テーマがコロコロ変わるのですが、しばらくは幻の広浜鉄道今福線を題材にしていきます。
祝! 今福線シンポジウム!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
検索フォーム
撮影機材

  SONY α77  SLT-A77V
  SONY α77  SLT-A77V

 ◆SONY
  50/F1.4 SAL50F14
  100/F2.8 Macro SAL100M28
  70-200/F2.8 G SAL70200G
  DT 11-18/F4.5-5.6 SAL1118
  DT 16-50/F2.8 SAL1650
  DT 18-250/F3.5-6.3 SAL18250
  Carl Zeiss Vario-Sonnar T*
  DT 16-80/F3.5-4.5 ZA SAL1680Z

 ◆TAMRON
  SP 150-600/F5-6.3 Di USD(A011)

 ◆KENKO
  TELEPLUS MC4 1.4xDGX
  TELEPLUS MC7 2xDG

 ◆VIXEN
  ED80SF

 ◆SLIK
  ザ プロフェッショナル4
  プロ700DXⅡ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 --/--/--(--) --:--:--
/
美祢線での貨物も今回が最後となりました。(今回はです(笑))

美祢ヤードから発車前に急いで移動します。
日没が迫っているので近場で撮影場所を決めなければなりません。
ロケハンもしていないので行き当りばったりで・・・
そしてここで・・・

美祢貨物16


美祢貨物17


美祢貨物18


美祢貨物19
すべてα700+DT 18-200/3.5-6.3

JR美祢線  美祢~南大嶺

途中、停車時間がないのでおっかけは出来ませんでした。

翌日は山口線、山陰本線を経由し三隅火力発電所まで向かいます。
またの機会は別の場所で撮影したいものです。


コメント

Re: 美祢貨物

ナツボウさん ブログでは初めまして。
師走龍翔と申します。(憶えていらっしゃいますでしょうか?)

美祢にいらしていたんですね。
しかもこの時期、もうこんなに明るくなっていることを、今になって初めて知りました。

美祢区間の撮影なら任せて?下さい。
この先の南大嶺-四郎ヶ原区間は、「超」徐行区間があるため、その気になれば追っかけすることができます。
どれくらい「超」かというと、ほとんど止まっているんじゃないかと思えるくらいの徐行です。

今から明るくなってくるので、私も山陰地区へお邪魔する機会が出てくると思います。
いつか、お会いできるといいですね。

師走龍翔さん

こんばんは、ご無沙汰しております。
はいはい、しっかりと憶えていますし、時々HPも拝見させていただいてますよ。

先々週ですが、初めて美祢での撮影を実行しました。
初めての地で撮る事は新鮮でとても楽しかったです。
丁度天気も良かったですし、美祢ヤードでの入れ替え風景はゆったりとした時間を過ごす事が出来ました。

南大嶺-四郎ヶ原に「超」徐行区間があるとは知りませんでした。
日没の心配があって南大嶺までしか足を運びませんでしたが、次回は四郎ヶ原まで行って見たいとは思っています。

3月いっぱいは岡見貨物もしっかりと走ってくれるようですから、今月中に再度美祢へ出動する予定です。
これからの季節、今年は山口号の平日運転も含め、今から張り切っていますので、どこかでお会いいたしましたらこちらこそ宜しくお願いいたします。

ごちそうさまでした~

たっぷりたんのうさせていただきました。
さりげなく撮っておられますが、テツ撮りの基本はきちんと押さえておられるのはさすが
だと感心します(無駄な写真がない)。
それにいろいろなことをきちんと調べておられてわかりやすいです。
美祢の構内の撮影にはどのくらい滞在というか待機されていたのでしょうか。
今回の写真は、周囲の地形がいかにも中国山地の山間部という雰囲気でふるさとをなつか
しく思い出しました。

yukeさん

たっぷりコメントありがとうございました。
初めての美祢遠征だったのですが、もう少し色々と撮影したくなりました。
あと何度か、自分が納得行くまではリベンジしてみたいと思います。
美祢構内の滞在は1時間位だったでしょうか。
全く退屈しませんでした。

次回からは南へ向けてロケハンしながら貨物の姿を収めてきたいと思います。

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natubou2.blog81.fc2.com/tb.php/160-af825173


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。