ローカル写真日記2.0

プロフィール

ナツボウ

Author:ナツボウ
島根県在住
カメラ、鉄道好き。(鳥も)
作品といえるものは無く、人生の記録として写真撮ってます。
最近始めた鳥の撮影、ちょっと楽しんでます。

◆最近のテーマ◆
テーマがコロコロ変わるのですが、しばらくは幻の広浜鉄道今福線を題材にしていきます。
祝! 今福線シンポジウム!

カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
検索フォーム
撮影機材

  SONY α77  SLT-A77V
  SONY α77  SLT-A77V

 ◆SONY
  50/F1.4 SAL50F14
  100/F2.8 Macro SAL100M28
  70-200/F2.8 G SAL70200G
  DT 11-18/F4.5-5.6 SAL1118
  DT 16-50/F2.8 SAL1650
  DT 18-250/F3.5-6.3 SAL18250
  Carl Zeiss Vario-Sonnar T*
  DT 16-80/F3.5-4.5 ZA SAL1680Z

 ◆TAMRON
  SP 150-600/F5-6.3 Di USD(A011)

 ◆KENKO
  TELEPLUS MC4 1.4xDGX
  TELEPLUS MC7 2xDG

 ◆VIXEN
  ED80SF

 ◆SLIK
  ザ プロフェッショナル4
  プロ700DXⅡ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 --/--/--(--) --:--:--
/
恋人の聖地とも言われる下関唐戸エリア。
カモンワーフには高さ10メートルほどのクリスマスツリーが点灯していました。
恋人同士には超お勧めのスポットです。
関門海峡の夜景と海の香り、そしてイルミネーションツリー、演出満点です。


ツリー1


ツリー2


ツリー3


ツリー4
すべてSONY α700+Vario-Sonnar T*DT 16-80/3.5-4.5 ZA

すべて手持ちで撮影できました。
こんな時に手ブレ補正は役に立つんですねぇ。

夜景 2007/12/21(金) 21:58:18
コメント (4) / トラックバック (0) トップへ戻る

コメント

海辺の巨大なクリスマスツリー、お見事ですね。
うちの方にはこんなツリー無いので羨ましいです。

αの手ブレ補正は強力ですね。
手持ちと三脚だと撮影時間も倍くらい違うんではないでしょうか?
寒い冬の夜、短時間で撮影は済ませたいですからね。

POKOパパさん

ありがとうございます。
冬らしい写真が数年ぶりに撮れたって感じです。
夜の撮影って楽しいですね。
春までの間、チャンスがあれば積極的に狙っていきたいと思います。

今回、α700になって手ブレ補正は強力になったと実感しています。
高感度も強いし、屋外ではフラッシュは要らないかもしれません。
三脚は用意してたんですけど目立ちすぎるのでやめました(笑)

すてきな景色ですね

α700で撮影された関門海峡や下関の写真見せていただきまし
た。
関門海峡は、広角はこうやって撮るんだよっていうような、さ
りげないけれども、習熟した人の写真だな~と感じました(ナツ
ボウさんの写真はだいたいそういうのが多いです)。
恋人灯台ですか。紅白で縁起がいいですね。陸を600~700
m歩かないといけないんでしょうか。恋する若者にはそのくらい
なんてことないんでしょうね。紅白なので恋人灯台なんていわれ
てるんでしょうけど、これが白と黒なんかだとまたちがった趣に
なりそうです。
ツリーの写真、建物や海の灯りとの組み合わせがいいですね~。

yukeさん

こんばんは。
褒められるほどの写真ではありませんよ。
写真歴は長くてもシャッターを押す瞬間は素人と同じです(笑)
目で見た景色を写真で伝えるのってホント難しいですよね。
それが伝わらないのでいつも苦労させられてます。

恋人灯台は・・・なるほど、紅白で縁起がいいですか。
そんなことも全く気付きませんでした。
でも、ここで愛を誓いたいのは若者だけじゃないかもですよ・・・
おじさんだって、愛を誓いたいです(爆)

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://natubou2.blog81.fc2.com/tb.php/145-62ffd551


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。