ローカル写真日記2.0

プロフィール

ナツボウ

Author:ナツボウ
島根県在住
カメラ、鉄道好き。(鳥も)
作品といえるものは無く、人生の記録として写真撮ってます。
最近始めた鳥の撮影、ちょっと楽しんでます。

◆最近のテーマ◆
テーマがコロコロ変わるのですが、しばらくは幻の広浜鉄道今福線を題材にしていきます。
祝! 今福線シンポジウム!

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
検索フォーム
撮影機材

  SONY α77  SLT-A77V
  SONY α77  SLT-A77V

 ◆SONY
  50/F1.4 SAL50F14
  100/F2.8 Macro SAL100M28
  70-200/F2.8 G SAL70200G
  DT 11-18/F4.5-5.6 SAL1118
  DT 16-50/F2.8 SAL1650
  DT 18-250/F3.5-6.3 SAL18250
  Carl Zeiss Vario-Sonnar T*
  DT 16-80/F3.5-4.5 ZA SAL1680Z

 ◆TAMRON
  SP 150-600/F5-6.3 Di USD(A011)

 ◆KENKO
  TELEPLUS MC4 1.4xDGX
  TELEPLUS MC7 2xDG

 ◆VIXEN
  ED80SF

 ◆SLIK
  ザ プロフェッショナル4
  プロ700DXⅡ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 --/--/--(--) --:--:--
/
二度の建設を挫折してしまった今福線ですが、最近地元ではその遺構を観光資源にしようとする動きがあります。
8月に今福線シンポジウムの開催も決まったようですが、鉄道雑誌などにも広告が載っていたりでやる気を感じさせますね。

となれば私も便乗して少しやる気を見せなければ・・・(笑)

今福線の多数の遺構については以前から少しずつ記録してきました。
しかし、地元のやる気がスゴいのでまた撮り直しになりそうです(笑)

その理由は・・・
邪魔な木々の伐採などにより、遺構がより良く見えるようになったからです。
あと環境整備も少しずつですが行われており、誰にでも分かりやすく遺構巡りが出来るようになってきました。

こうした状況によりさらなる記録を作って行きたいと思います。
ですが、今福線の遺構の写真は他所でもいくらでも見ることが出来ますので、ここでは少しマニアックなネタにしようと思います。

まずはタイトルの通りですが、「境界杭をさぐる」から行きましょう。
境界杭とはコンクリートの四角柱で地面に良く刺さってるやつです。
色々と見かけるとは思いますが、今回のテーマは今福線ですから今福線ルート上の国鉄の物が対象です。


境界杭

こちらが見本です。
「工」のマークが国鉄の証です。JR化後のものですと「JR」と入っています。
「工」は漢字ではなく、レールの断面をイメージしています。

この境界杭をさぐることによって国鉄に買収された場所の特定、予定ルートの確認が出来ます。
ちなみにこの見本の写真は後に紹介する予定の場所に立っていました。
周りに遺構も無く、建設が始まっていない場所に残っているものです。
こんな場所に国鉄が!今福線が!って楽しみながら収集してきましたので興味ある方はご参考に。



今福線10

今福線のルート確認です。
新線計画は浜田→今福→旭町→徳田→波佐→芸北→橋山→三段峡のルート。
今回のテーマはこの新線計画のルート上で境界杭を探していきます。

スタートは浜田駅になりますが、長沢分岐→競技場東側に境界杭は無いようなので写真の場所、高佐高架橋跡地をスタートにします。
浜田駅を出て競技場東側からトンネルを貫いた場所がココになります。
高架橋は撤去されてしまいましたが左端に橋台が残っています。


今福線 境界杭1

その橋台の根元に1基発見!
遺構が残っている場所で見つけるのは簡単です。


今福線 境界杭2

橋台すぐ左上に3基。 わかります?写真に3基写っています。
橋台右上にも数基立っていますが省略します。
ここはトンネル出口の予定でしたので橋台を取り囲むように点々と残っていました。


今福線 境界杭3

高佐高架橋が撤去された後、そこに住宅が建ってしまいました。
高架橋が終わる辺り、トンネル予定地付近で見つけました。
ここに在るってことはもう1基・・・


今福線 境界杭4

住宅の裏側と山の狭い間にもう1基ありました。
住宅が後から建っているのにご丁寧に残してありました。

この後、相生町の三宮神社裏あたり捜索しましたが見つかりません。
予定線はそこからトンネルで河内町に抜け、川を渡り、またトンネルで一気に佐野町へ。
文献によると河内町に残っているらしいが、細谷川護岸工事の際に無くなった模様。


今福線 境界杭5

捜索は一気に佐野町へ。
ここは新線と旧線が交わる場所です。
写真の境界杭は色が塗られていました。
駐車スペースに立っているので目立つようにされたのだと思います。


今福線 境界杭6

ここからしばらくの区間は境界杭が沢山あります。
遺構に沿ってですので見つけるのも簡単で説明要らずと思います。


今福線 境界杭7

これは少し古い型ですかね?
旧線のものかもしれません。


今福線 境界杭8

ここに2基。


今福線 境界杭13

ここも2基ですが手前のがおかしい?旧線のものか?


今福線 境界杭9

ここにも2基。


今福線 境界杭10

探すのも容易なのでサラリと・・・


今福線 境界杭11



今福線 境界杭12


とまあ、杭ばっかりですね(笑)

佐野から下長屋トンネルで今福まで一直線です。

次回は下長屋トンネルから続きます。


広浜鉄道 幻の今福線 境界杭をさぐる その②
広浜鉄道 幻の今福線 境界杭をさぐる その③
広浜鉄道 幻の今福線 境界杭をさぐる その④
広浜鉄道 幻の今福線 境界杭をさぐる その⑤
広浜鉄道 幻の今福線 境界杭をさぐる その⑥




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。