ローカル写真日記2.0

プロフィール

ナツボウ

Author:ナツボウ
島根県在住
カメラ、鉄道好き。(鳥も)
作品といえるものは無く、人生の記録として写真撮ってます。
最近始めた鳥の撮影、ちょっと楽しんでます。

◆最近のテーマ◆
テーマがコロコロ変わるのですが、しばらくは幻の広浜鉄道今福線を題材にしていきます。
祝! 今福線シンポジウム!

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
検索フォーム
撮影機材

  SONY α77  SLT-A77V
  SONY α77  SLT-A77V

 ◆SONY
  50/F1.4 SAL50F14
  100/F2.8 Macro SAL100M28
  70-200/F2.8 G SAL70200G
  DT 11-18/F4.5-5.6 SAL1118
  DT 16-50/F2.8 SAL1650
  DT 18-250/F3.5-6.3 SAL18250
  Carl Zeiss Vario-Sonnar T*
  DT 16-80/F3.5-4.5 ZA SAL1680Z

 ◆TAMRON
  SP 150-600/F5-6.3 Di USD(A011)

 ◆KENKO
  TELEPLUS MC4 1.4xDGX
  TELEPLUS MC7 2xDG

 ◆VIXEN
  ED80SF

 ◆SLIK
  ザ プロフェッショナル4
  プロ700DXⅡ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 --/--/--(--) --:--:--
/
昨年の災害によって山陰本線、山口線が不通となりましたが、運転再開もカウントダウンとなりました。

となれば、現在定期回送されている広島車のキハ40も撮り納めカウントダウン。

益田以西では珍しくありませんが、益田~浜田間の走行は今となっては貴重です。



タラコ回送2

今日は暑かったですが、堪らなく夏晴れの良い天気!
なら、定番のここで海と一緒に狙ってみました。
もう少し引いて、海をたくさん入れたらよかったと後悔。


タラコ回送1

海が綺麗ですね~
久しぶりにヘッダー画像をこの写真に入れ替えしました。

景色に合う色、JRさん、車両の色も大切なんですよ!

スポンサーサイト
三江線追っかけの続きとなります。

今回は旧三江北線(浜原~江津)の様子です。

三江線追っかけ10

まずは第1江川橋梁。
光線状態があまり良くないですが、大きな鉄橋は出来るだけ押さえるべし。


三江線追っかけ11

この辺りから天気もが良くなってきました。
ここは緑の絨毯でお気に入りの場所。
ただ、手前に置きピンしたため出来れば撮り直ししたい場所でもあります。


三江線追っかけ12

定番の撮影地。
災害によって失われた橋脚も綺麗に直ってました。
綺麗なコンクリートが薄汚れた頃が撮り頃かも(笑)


三江線追っかけ13

後追いとなりますが田園風景も良いですね。
自然の中を走る路線ですから、撮り場はたくさんあります。
ですが、列車の本数が圧倒的に少なく、なかなか撮影しにくい路線でもあります。


三江線追っかけ14

連続小トンネルの抜け出し。
似たような場所が三江南線区間にも何処かあったと思います。


三江線追っかけ16

ここも定番です。
1両で走る姿がちょっと寂しい。


三江線追っかけ17

ずっと以前にキヤ検を撮影した場所です。
緑が綺麗なのに車両の色が地味過ぎて映えません。
是非ともラッピング車両の導入を早期にお願いしたいですね。


三江線追っかけ15

この区間、あまり慌しくはありませんでしたが、無事に江津到着しました。
浜原で三次方面に折り返そうとも思いましたが、このまま帰って寝不足を解消することとしました。

初めて概ね全線を追っかけ撮影しましたが、三江線の魅力は計り知れない、乗ってよし、撮ってよし、
廃止するのは簡単かもしれませんが、残す事で利用価値を考えてもらいたいものです。

近いようで遠い三江線。
改めて全線を見て、その魅力に取り付かれそうです。

近いうちにまた出撃したいものですね。







久々に撮り鉄でもしてみようと思い、前々から行ってみたかった三江線に足を運びました。

近いようで遠い三江線。
奇跡的に復活をとげ、19日から全線での運行が再開されました。

魅力の薄い車両での運行ですが、ラッピング車両の導入も決まってるみたいなので、その時のための追っかけ練習です。

まずは旧三江南線(三次~口羽)~浜原までの様子になります。

三江線追っかけ1

午前3時出発にて三次を目指しました。
途中、早い朝食で時間を費やしたのが失敗だったのか・・・ 三次には間に合わず。
式敷~香淀間からのスタートとなってしまいました。
もう2、3先の区間からでも始められたのですが、単調な路線でもある事と霧が出ていた事もあり、
この区間から始発便を狙います。


三江線追っかけ2

この季節なのにまだ暗いです。
列車速度が遅いので、1~2駅ごとに追っかけが可能です。


三江線追っかけ3

一応、水鏡のつもり。
浜原以北はほとんど未開拓で、撮影場所を知りませんので適当に。
学生時代には良く乗り鉄した三江線ですが、自分が乗った中では一番好きな路線です。


三江線追っかけ4

上と同じ場所からです。
三江線といえば川と橋が絡む写真になってしまいます。
もっと広大なアングルにさせたい気持ちも少しはありますが・・・


三江線追っかけ5

江平駅付近
こちらは定番アングルですね。
ここでも一応は水鏡。

この後、勿体無い失敗が・・・!

追っかけの身で、ロケハンも出来てない状態なので複雑なポイント選びは出来ませんが、
この先は宇都井の壮大なトラス鉄橋(第3江川橋梁)でと決めていました。

口羽から先は鉄道公団が建設した路線で列車の速度が速いのです。
急ぐ事ばかりが先行し、伊賀和志~口羽のトラス鉄橋(第四江川橋梁)で三次行きが撮影出来たのに目の前で見過ごし。


三江線追っかけ6

おまけに口羽での停車時間が29分。
やっぱり急ぎすぎて失敗した。時刻表を良く見てない結果でしょうね(汗)
ここでは十分な時間が出来てしまったので、邪魔な草を倒したり・・・  してました。

時折、雲の隙間から太陽が差し込みます。
まずい・・・ 逆光になる。
三次発の始発を狙うと概ね逆光、江津発始発だと概ね順光。
ここに来て始めてそれに気付く。


三江線追っかけ7

そのまま直ぐに第2江川橋梁、ギリギリ間に合った~。
この辺りは大きな鉄橋で江の川を何度も渡ります。
これ?廃止するのは勿体無くありませんか?


三江線追っかけ8

田んぼの稲が綺麗です。
電線が真横に1本横切ってましたので、綺麗に消しておきました(笑)


三江線追っかけ9

慌しくも浜原駅到着です。
80キロ区間でも先回り可能(笑)

次回つづきは浜原~江津間となります。
停車は1分ですから直ぐに次へ移動しましょう。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。