ローカル写真日記2.0

プロフィール

ナツボウ

Author:ナツボウ
島根県在住
カメラ、鉄道好き。(鳥も)
作品といえるものは無く、人生の記録として写真撮ってます。
最近始めた鳥の撮影、ちょっと楽しんでます。

◆最近のテーマ◆
テーマがコロコロ変わるのですが、しばらくは幻の広浜鉄道今福線を題材にしていきます。
祝! 今福線シンポジウム!

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
検索フォーム
撮影機材

  SONY α77  SLT-A77V
  SONY α77  SLT-A77V

 ◆SONY
  50/F1.4 SAL50F14
  100/F2.8 Macro SAL100M28
  70-200/F2.8 G SAL70200G
  DT 11-18/F4.5-5.6 SAL1118
  DT 16-50/F2.8 SAL1650
  DT 18-250/F3.5-6.3 SAL18250
  Carl Zeiss Vario-Sonnar T*
  DT 16-80/F3.5-4.5 ZA SAL1680Z

 ◆TAMRON
  SP 150-600/F5-6.3 Di USD(A011)

 ◆KENKO
  TELEPLUS MC4 1.4xDGX
  TELEPLUS MC7 2xDG

 ◆VIXEN
  ED80SF

 ◆SLIK
  ザ プロフェッショナル4
  プロ700DXⅡ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 --/--/--(--) --:--:--
/
先日購入したばかりの鉄ちゃんバー(マルチアーム)ですが、どうもシックリこなくてプレートに変更しました。
何がシックリこないかと言えば、構図の決め難さでしょうか?
2台セッティングして1台の構図を決めると、もう1台は構図を決めることが出来ません。
2台がほぼ同じ方向を向けば大丈夫なのでしょうけど・・・
それでは面白くないので機材変更です。(←素早い)


プレート+自由雲台1

今度はプレート+自由雲台×2。
自由雲台を初めて使ってみましたが、なんとも自由な構図が得られ、これは便利。(←そのまんま)
ただし、水平を取るのが困難だとか・・・


プレート+自由雲台2

まあ、滅多に出番はなさそうなので、これで三脚における機材は全部揃ったと言ったとこでしょうか。
一生モンのつもりで使っていきたいと思いますよ。



スポンサーサイト
機材 2009/09/30(水) 23:59:06
コメント (4) / トラックバック (0) トップへ戻る
滅多に無い祝日休みだったので、急遽木次線に行って来ました。
この日は「奥出雲おろち号」の運転日です。
行き当たりバッタリのロケハンなしで、スイッチバックの出雲坂根駅を目指しました。

おろち号1

おろちループの旧道からスイッチバックが俯瞰出来るらしいのですが、時間が無くてポイントを押さえる事が出来ませんでした。
さらに斜面を登ればバッチリ俯瞰出来たようです。
時間が無いので、とにかく見える場所へ・・・


おろち号2

2段目を降りてきました。進行方向は右向き。
右側に出雲坂根駅があり、折り返して手前に見える線路を下って行きます。
紅葉の季節には綺麗なんでしょうが、今年は走らないのかな?


おろち号3

トロッコ列車なので運行速度は遅めです。
普通に走っても余裕で追いつくため、追っかけは楽でした。
でもポイントが分からない・・・


おろち号4
すべてSONY α700+Vario-Sonnar T*DT 16-80/F3.5-4.5 ZA

適当に撮影をこなします。
線路ばかり見ていて、ここは何処の区間かさえも分からなくなってしまいました。
そしてこの後、道を間違えて二度と追いつくことは無く、列車は終点、木次駅に到着するのでした(笑)

木次駅の様子も撮影してますので次回に続く・・・


やっと、サンライズの走行写真が撮れました。
本当はこの夏に伯備線で撮影したかったのですが、全く行ける状況でもなかったので、出雲市近辺で。

サンライズ出雲1
SONY α700+70-200/F2.8 G

お天気は曇り。
電車は非電化のいつもとは要領が違います。
シャッター速度は出来るだけ早く・・・を忘れていませんでした。


サンライズ出雲2
SONY α700+Vario-Sonnar T*DT 16-80/F3.5-4.5 ZA

少し物足りないので、帰り際に車両基地へ。
丁度、洗車機で綺麗になって出てきた所でした。
夕方の日が当たって「サンセット出雲」なんてね・・・(汗)


国産最大級のサイズを誇る、スリックのプロヨンを衝動買いしてしまいました(汗)
最大パイプ径36mm、伸長253cm、重量6.8kg!
びっくりたまげた~

プロ4-1

予想以上に頑丈で、背も高く、そして重い・・・
とてもメインで使えそうに無いので、今までの三脚と併用することにしよう。
そうすると2本持参??? 


プロ4-2

部屋の中で立ててみると・・・
危ない!危なすぎる・・・
これって脚の出し入れがデカくて重くて、かなり要領が必要みたい。
エレベーター伸ばすと天井まで当たってしまい、まるでつっかえ棒?


プロ4-3

三段脚立をつかっても最大長の時は届かないな~
この雲台の上にもまだまだ色々と乗っかる予定。
益々届かないや。
機動力には欠けるけど、きっと役に立ってくれると信じなきゃ、使ってられないでしょ(笑)





機材 2009/09/27(日) 01:40:15
コメント (8) / トラックバック (0) トップへ戻る
先日、友人のお見舞いに出雲市まで行ってきました。
せっかく出雲なんだから、何か撮らないと・・・

で、ゆったりやくもに置き換わって数を減らした緑やくもです。

やくも1

おっと! 日根野電車区の国鉄カラーが増結されています。
一見妙ですが、混色も珍しいので、これはこれで良しとして・・・
で、 残りの国鉄色は?


やくも2
すべてSONY α700+70-200/F2.8 G

出雲の車両基地にいました。
そういえばここは、後藤総合車両所出雲支社に名前が変わったのですよね。

国鉄色も少し退色してて味が出てました。
どうして6両で走ってくれないのか・・・  
本日返却でしたね。また来てね~

夕方の光線が綺麗な時期になってきました。
遠田のSカーブでの撮影ですが、カメラを2台並べて撮影しました。
1台は適正露光、もう1台は-3アンダーです。
ギラリ感はあまりなかったので-3が限度でした。

概ね同じ位置でシャッターを切っていますが、若干のタイミング差、カメラの位置も微妙に違います。
一気に下へ8枚続きます。

岡見貨物242

岡見貨物243

岡見貨物244

岡見貨物245

岡見貨物246

岡見貨物247

岡見貨物248

岡見貨物249
適正、すべてSONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3
アンダー、すべてSONY α700+70-200/F2.8 G


時には設定を変えて撮るのも面白いですね。
あれだけ夕方は人だかりがあったこの場所ですが、この日は貸切でした。

2009.09.15撮影

あ!、そうそう、背景に鳥居が入っている方が良いとのコメントいただいてましたので、確実に取り入れました。










約1年ぶりに三隅発電所の俯瞰場所へ行ってきました。
今年はここで撮影されてる姿を見ませんでしたし、下から見上げても草ボウボウの状態でした。
さすがに蛇がウジャウジャしてそうな季節に登る気は起こらず、誰かが登って草が落ち着くのを待っていました。


岡見貨物239

ここはそんなに大変な場所だとは思いませんが、竹薮のトンネルの中を進みます。
多分初めての方だと迷われるかもしれません。
ですが、ポイントに行ってみると草が踏まれた跡がありました。
見かけませんでしたが登ってる人もいるのですね。


岡見貨物240

発電所俯瞰のポイントはもう1箇所あります。
そちらは迷わずに登ることが出来ると思います。
アングル的に好みが分かれますが、こちらの方がベストアングルでしょう。


岡見貨物241
すべてSONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

そして青浦へ・・・
上から撮った後は下からでしょう~ 
なんて、お手軽に直ぐ近くの岩場に下りました。

この日はやんちゃるもんちゃ氏との撮影でしたが、彼は線路際からの撮影。
きっと、下に下りるのが面倒だったのでしょう(爆)




厚狭の寝太郎さんのご好意で、太鼓谷稲荷神社に場所を確保していただきました。
早めにセッティングを済ませて津和野の町並みを見下ろすと、とっても穏やかでした。

太鼓谷稲荷より

天気も最高、嵐の前の静けさ?(笑)を撮影しておきました。


やまぐちゆうゆう号9

そしていよいよやまぐち号が津和野を出発します。
汽笛が激しく鳴り響き、煙だけが流れてきました。
どうやら緊急停止したようですね。


やまぐちゆうゆう号11

ゆっくり力強く登って行きます。
レンズが長すぎたせいか編成が入りきりませんでした。


やまぐちゆうゆう号10

もう1台のカメラは十分入ってます。


やまぐちゆうゆう号12

本門前に差し掛かりました。
沢山の撮影者が確認できますね。
正面からだと良い煙だったことでしょう。


やまぐちゆうゆう号13

1枚目、SONY α700+DT 11-18/F4.5-5.6
3枚目、SONY α700+Vario-Sonnar T*DT 16-80/F3.5-4.5 ZA
他すべてSONY α700+70-200/F2.8 G


どこまでもカメラを振り回して追いかけたい気分ですがここまでです。
ず~と煙だけは出続けていました。

テンションの高かった1日でしたが、ここで「やまぐちゆうゆう号」を見送った後、一気に落ちてしまいました。
ですが、素敵で感動的な企画と、当日お会いした皆様方に感謝いたします。





やまぐちゆうゆう号の津和野着後に転車台に行ってみました。
ここももう激パです。 車を止めるスペースも無い・・・
それでもなんとか駐車して人込みの中へ紛れ込みました(笑)

やまぐちゆうゆう号3

岡サロ解放時にはC57からヘッドマークが外されています。
この時点では分かりませんでしたが、C56の方に付いていたんですね~
と、いうことは・・・


やまぐちゆうゆう号4

一旦、バックで退避します。


やまぐちゆうゆう号5

そして前進後、停車、解放、C56はバックで後戻り。
おっと! C56にヘッドマークが確認できました。


やまぐちゆうゆう号6

転車台に乗る前に並びが撮れました。
ちょっと窮屈な撮影なので構図が悪いですが・・・


やまぐちゆうゆう号7

いつものようにグイ~ンと回ります。


やまぐちゆうゆう号8
すべてSONY α700+70-200/F2.8 G

ここでは相当撮影に時間が掛かってしまいました。
正面に多数押しかける人、人、人。
前の人の頭の隙間からの撮影です(笑)

今回のヘッドマークですがYU-YUの文字の他、花の絵が添えてありますね。
これは左上が夏みかんの花(山口県の県花)、右下がボタンの花(島根県の県花)だと思います。
山口(新山口)から島根(津和野)に走る列車の象徴ともいえますね。






昨日は、この日のために休みを取り、激パの地へ足を運んできました。
山口線、SL復活運転30周年の記念イベントの一つで、SL重連+ゆうゆうサロン岡山と豪華編成です。
定番地を地福まで下見に行きましたが、何処も撮影者多数でした。
煙は諦めて、編成が入りきるポイントへ引き返します。

やまぐちゆうゆう号1
SONY α700+70-200/F2.8 G

厚狭の寝太郎さんがずいぶん早くに場所取りされていた所へお邪魔させていただきました。
彼はこの場所に4時間半位(笑)  お疲れさまでした。
その後、やんちゃるもんちゃさんも来て三人での撮影です。


やまぐちゆうゆう号2
SONY α700+Vario-Sonnar T*DT 16-80/F3.5-4.5 ZA

煙はスカスカでしたが、編成はバッチリ。
ジャガイモ畑の中を走る姿はまるで北海道?
撮影を終え、この後、津和野の転車台に行くのでした。


つづく・・・かな。


最近サボってましたね~
朝の炭カル輸送を久しぶりに追っかけてみました。
山陰本線区間は各駅停車のため、確実に4駅間で撮影が出来ます。
しかしながら撮影場所もマンネリ化してしまって戦意喪失中でした。

当日は天気が悪かったので、あえて定番外し、気合を入れて追っかけます。

岡見貨物233

これはお約束の益田駅です。
追っかけスタートですが、撮影場所も決めておらず、気が重~い。


岡見貨物234

最初の撮影場所はどこにしよう?
あっちへウロウロ、こっちへウロウロ・・・
人気の鵜の鼻は誰もおらず・・・でもパス。
うの鼻踏切が見える跨線橋で1発目を撮りました。


岡見貨物235

そして沖田川へ移動します。
この写真はおまけですね。
足回りが隠れてしまって、まるで波乗りしているかのようです。


岡見貨物236

ここでセッティングしていました。
天気が悪かったので逆光にはならず。
ここはアングルに変化が付けれそうなので次回の課題です。


岡見貨物237

そして、最後の区間は楽してこの場所です。
晴れすぎず、曇りすぎずで、まずまずの絵になりました。


岡見貨物238
1、4枚目、SONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3
2、3枚目、SONY α700+70-200/F2.8 G
5、6枚目、SONY α700+70-200/F2.8 G+1.4X TELEPLUS PRO 300


こちらもおまけです。
大きくカーブしてくるのを待ち伏せて、隙間にDD51を捕らえました。

益田~岡見間で撮影者を一人も見かけませんでした。
もう季節は終わってしまったのか・・・

2009.09.15撮影







この日は曇り空ですが、朝のフライアッシュを撮影しに美祢ヤードへ。
意外と撮ってないんですね~ 朝のやつは・・・

岡見貨物232

まずは広~く取り込みます。
DD51が解放されてスイッチャーが連結されたところです。


岡見貨物228

そしてズーミング。
夕方のとはスイッチャーの向きが違います。
これも2エンド側って表現になるんでしょうか?


岡見貨物229

さらにズーミング。
宇部興産伊佐工場への専用線に入ります。


岡見貨物230

そしてまたまたワイドに。
このカーブ、良い感じです。
と、撮影してる後にはあっきーさんがセッティング中のようでした。
被っていませんように・・・と思いながらもしっかりと被っていたようです。ごめんなさいm(__)m


岡見貨物231
すべてSONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

振り返っての撮影です。
私はあっきーさんを見事に外しました(笑)
ちょうど踏み切りの横にいらっしゃったのです。
遠くからの遠征、お疲れさまでした。
私も遠くからですが・・・(笑)


2009.09.08撮影




もう朝日は厳しくなった本俣賀ですが、久しぶりに行ってきました。
実はこの場所、今回で2回目です。
基本、追っかけなので、津和野以降を諦めなければココへは間に合いません。
日の出も遅くなり、今回は本俣賀からスタートしました。

岡見貨物226
SONY α700+70-200/F2.8 G

当日は生憎のお天気。
雨もポツポツと降っていて、とても寒い朝です。
気合を入れて出掛けると、どうしてこんなに天気が悪いのか・・・?


岡見貨物227
SONY α700+Vario-Sonnar T*DT 16-80/F3.5-4.5 ZA

お立ち台より。

早朝から掛かるとも思わなかった、やんちゃるもんちゃさんからのお電話。
ここだけご一緒させていただきました。
寒い中、お疲れさまでした。





美祢に遅刻してココで間に合いました。
味を占めた訳ではないですが、ココでしか撮れませんでした。
日の当たり方が夕方とは逆で、側面が潰れてしまいます。


美祢貨物121

それも車を止めて、直ぐにやって来たものだから、ゆっくりと構えている時間はありません。
後の方におじさんが立っていたことも、後になって分かったことです(笑)


美祢貨物122
すべてSONY α700+70-200/F2.8 G

苦し紛れに振り向いてのカット。
まもなく厚狭駅に到着です。

後方に見えてるのがJRF厚狭派出です。

先週の撮影分です。
天気は良くても夕方は日が当たらなくなってきました。
フライアッシュ、湯ノ峠辺りはもう駄目ですね。
日が当たらないのは勿体無いので、鴨ノ庄~厚狭での撮影となってしまいました。

岡見貨物224
SONY α700+500/F8 Reflex

500mmで距離と時間を稼ぎます。
撮影時は電線が横切っている事に全く気づかず・・・


岡見貨物225
SONY α700+70-200/F2.8 G

すかさず移動して、この角度で・・・
相変わらずカット数、欲張っているでしょ(笑)
もう直ぐでココも暗くなってしまう事でしょう。

なかなか撮影するチャンスの少ないレフレックスレンズですが、リングボケを意識した撮影をしてみました。

リングボケ1

水面のギラギラは絶好のチャンスです。
点光源はこのようなリングボケになってしまうのです。


リングボケ2
すべてSONY α700+500/F8 Reflex

このリングボケ、賛否両論はありますが、私は結構好きです。
積極的に活用していきたいですね。


風景 2009/09/09(水) 21:15:23
コメント (6) / トラックバック (0) トップへ戻る
先週の話ですが、美祢の赤ホキに遅刻してしまって厚狭付近で撮影はしたものの、何だか不完全燃焼。
山陽本線を跨ぐなんて一大決心なんですが、宇部線に突入してきました。

美祢貨物119

とりあえずは有名な撮影ポイントへ足を運びます。
やはり、お立ち台は無難で満足感が違いますね~


美祢貨物120
すべてSONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

ここだけで完全燃焼してしまい、撤収しました。
願わくば、無くなってしまう前に返しをココで撮りたい・・・

と、思っただけで多分撮ることはないでしょうね。


意外と撮影する機会も少ない専用線のスイッチャーですが、真面目に撮影してみました。
今回は意図的に500mm使用です。

岡見貨物222

長玉もこんな風に使うと迫力が出ますね。
ゆっくりゆっくりと走って来てくれるので、フレームアウトする事無く撮影出来ました。


岡見貨物223
すべてSONY α700+500/F8 Reflex

無謀な500mmによる流し撮り。
実際はこんなに早く走っているようには見えません。
ゆっくりゆっくりなのです。
この日の夕方は風が強く、時折波飛沫が上がっていました。
ならば、岩場まで降りての撮影がしたくなります。

岡見貨物220

しかしながら、列車の通過時には何も起こらず・・・
普通の撮影になってしまいました。


岡見貨物221
すべてSONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

タイミング悪く、飛沫が上がりました。
この波飛沫は小さめな方で、事前に構図を決めてる時は大きな波がいきなり・・・
カメラと服はびっしょりと濡れてしまいました。
服よりもカメラの心配をしたのは言うまでもありません・・・(笑)


お盆の繁忙期の時期ですが、「スーパーおき」は4連運転されていました。
津和野の転車台からの撮影です。

スーパーおき1

ちょうど津和野駅が賑やかな時を迎えています。
187系は予備車総出で1次車、2次車、「はくと」用混在状態です。


スーパーおき2

並びましたね。
「やまぐち号」もいて、何とも豪華なひと時です。


スーパーおき3
すべてSONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

通常、2両編成で特急とは思えない姿も、4両となると貫禄が有ります。
幸いこの日は満席状態でしたが、需要があればこのような姿はいつでも見れるのでしょう。
「特急おき」181系初期時代は6両で走っていましたから、4両でも短いくらいですね。



久しぶりに機材ネタでも・・・

鉄撮りには欠かせないとされる、マルチプレートやマルチアーム。
これらは三脚上に複数のカメラを設置するものである。
特にマルチアームの方は「鉄ちゃんバー」とも呼ばれる鉄御用達アイテムなのだ。


鉄ちゃんバー1

新しく発売になったSLIK製のマルチアームⅢを購入してみました。
以前のものよりも値段は上がっていますが、クイックシュー付きになり操作性も向上しています。
耐久性や使用感を確認するために早速カメラをのっけてみました。


鉄ちゃんバー2

う~ん・・・微妙?
やっぱり雲台がちょっと貧弱でしょうか。
上に乗せる機材の重量にもよりますが、ちょっと不安ですね。


鉄ちゃんバー3

今回、バーが少し長くなったようなのでゆったりとはしていますが、やっぱりプレートの方が安心感があるかもしれません。

普段はカット数を稼ぐために1台は三脚固定、もう1台は手持ちにて撮影しています。
手持ちの方がアングルに融通が利くからですね。
来たる激パの地で、スマートに撮影しようと思い購入しましたが、普段は必要なさそうです。
少し使ってからマルチプレート+自由雲台に移行しようと思います。



機材 2009/09/03(木) 22:14:54
コメント (12) / トラックバック (0) トップへ戻る
先週の撮影分ですが、津和野でも日が当たらず厳しくなってきています。
辛うじて露出は得れるので、撮影される方はお急ぎください。

岡見貨物218
SONY α700+70-200/F2.8 G

前々から撮りたかった場所ですが、もっと明るい時期に来ればよかったかな。


岡見貨物219
SONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

カットを欲張ったものだから、鉄橋も中途半端な位置からの撮影になりました。
背景のホテルは綺麗になったので、入り込んでも悪くないですね。
今年のフライアッシュ、津和野以降はこれで撮り納めです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。