ローカル写真日記2.0

プロフィール

ナツボウ

Author:ナツボウ
島根県在住
カメラ、鉄道好き。(鳥も)
作品といえるものは無く、人生の記録として写真撮ってます。
最近始めた鳥の撮影、ちょっと楽しんでます。

◆最近のテーマ◆
テーマがコロコロ変わるのですが、しばらくは幻の広浜鉄道今福線を題材にしていきます。
祝! 今福線シンポジウム!

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
検索フォーム
撮影機材

  SONY α77  SLT-A77V
  SONY α77  SLT-A77V

 ◆SONY
  50/F1.4 SAL50F14
  100/F2.8 Macro SAL100M28
  70-200/F2.8 G SAL70200G
  DT 11-18/F4.5-5.6 SAL1118
  DT 16-50/F2.8 SAL1650
  DT 18-250/F3.5-6.3 SAL18250
  Carl Zeiss Vario-Sonnar T*
  DT 16-80/F3.5-4.5 ZA SAL1680Z

 ◆TAMRON
  SP 150-600/F5-6.3 Di USD(A011)

 ◆KENKO
  TELEPLUS MC4 1.4xDGX
  TELEPLUS MC7 2xDG

 ◆VIXEN
  ED80SF

 ◆SLIK
  ザ プロフェッショナル4
  プロ700DXⅡ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 --/--/--(--) --:--:--
/
牽き出し訓練の続きです。
SLやまぐち号の早朝からの追っかけは、仁保駅から始まります。


引き出し訓練6

発車を予告するかのような噴煙です。
峠の駅からゆっくりと走り出します。


引き出し訓練7

爆煙~爆煙~
早くもしっかりと煙分補給をしてしまいました。
この後、目の前が真っ暗に・・・


引き出し訓練8

朝の清々しさに煙の匂いが気持ちを高揚させてくれます。


引き出し訓練9

先回りして定番の長門峡にやってきました。
長門峡駅が通過だったので、煙は期待出来ないだろうと思っていましたが・・・


引き出し訓練10

やっぱり無煙でした。
でも、天気は最高に良く、新緑が美しい。
そして次に移動してみると・・・


引き出し訓練11
すべてSONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

あれ?天候が崩れてきたぞ~
次なる定番地、徳佐では、空は灰色に。
高揚した気分も一気に急降下して、このまま撤収することにしました。
撮影打ち切りの本当の理由は、会社の出勤に遅刻しそうだったから・・・(笑)







スポンサーサイト
SLやまぐち号の牽き出し訓練がありました。
簡単に言えば坂道発進の練習?のようなものです。

宮野で岡見貨物を見送り、仁保駅までやってきました。


引き出し訓練1

途中、30分少々の訓練を終え仁保駅に滑り込みます。
補機を勤めるのはDE10です。


引き出し訓練3

早起きは三文の徳とはこのことでしょう。
朝日も射してきて実に清々しいです。


引き出し訓練4

運転士の皆さんはホームに降りて、ほっと一息ついてるのでしょうか。
早朝からの訓練、お疲れ様です。


引き出し訓練5
すべてSONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

しばらくするとギャラリーが増えてきました。
皆さん良く知っていらっしゃる。
普通列車と交換の後、まもなく仁保駅を出発します。

つづく・・・








先日、C57の引き出し訓練が早朝よりありました。
どうせなら・・・ と思ったのが岡見貨物との並び狙いです。
当日は仕事があるにもかかわらず、夜中から片道約2時間の遠征、宮野駅までやってきました。

c57試運転

先着の補機付やまぐち号です。


岡見貨物182

先着のC57はヘッドライトの調整なのか、ナンバーが隠れてしまいました。
時間はAM5:02、薄暗く厳しい条件でしたが、煙の中から岡見貨物は現れました。


岡見貨物183
すべてSONY α700+50/F1.4

今まで篠目が限界点だと思っていましたが、ここは宮野。
条件は厳しいですが何とか撮影出来る明るさです。
となると・・・  更なる限界点にチャレンジしたくなってきましたね。





帰りの新幹線を待っている間に写真でも・・・
何気なくシャッターを切っていると「何だか色が違うな~」っと。

S1さくら1

タイミング良くやって来たのは「S1さくら」。
近づいて来るまで全く分かりませんでした。


S1さくら2

う~ん、色違いのN700系ですね~


S1さくら3
すべてSONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

しっかり撮影しておこうと思ったら、手前に他の車両が入線してきて撮影終了。
旅先での拾い物でした。




帰りの新幹線の待ち時間を利用して、新大阪駅周辺で撮影してみました。
撮影場所が選べないのはキツいですね。
架線柱と電線との戦いです。

新大阪1

跨線橋からホームを望むと「くろしお」がやってきました。
すぐに折り返しの準備をします。


新大阪3

あれれ?
ヘッドマークが変わってしまいました。


新大阪4

ありゃ?
またまた変わってしまいました。


新大阪2

やっぱり「くろしお」です。


新大阪5

こちらは「北近畿」。
まだまだ国鉄型は健在ですね。


新大阪6

狙いの本命でしたが、架線柱と電線は回避できず・・・
おまけに水平もとれてない・・・
ちょっと慌ててしまいました。


新大阪7
すべてSONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

一応、バックも撮影しておきます。
8年前、ここから「トワイライトエクスプレス」に乗車した時の事を思い出しました。
入線ホームも同じです。
変わったといえば、「スロネフ」の最後尾にスモークフィルムが張られたことでしょうか。







ホテル中庭
SONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

大阪の某ホテルの中庭です。
分かる人には分かるでしょう・・・

夜景 2009/05/25(月) 19:37:53
コメント (4) / トラックバック (0) トップへ戻る
田舎者は高い所に昇りたがります(笑)
阪急グランドビルの展望台から大阪駅北を望みました。

大阪1

大阪駅北口の開発が進んできましたね。
昔は北口なんて静かなものでしたが・・・


大阪2

「はるか」発見!
大阪駅を通らずに貨物線を経由するのですね。


大阪3
すべてSONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

おっと!
ついつい目がいってしまいました。


そろそろ明日の準備でもしますかね・・・

交通科学博物館での一番の楽しみは実物展示車を見ることです。
今では見ることの出来ない貴重な車両たちが大切に保存されています。


交通科学博物館8

前回に来た時は雨ざらしの展示場でしたが、7年前に昔の京都駅を模したプラットホームが完成し、
車両たちも綺麗な状態が保たれています。


交通科学博物館9

以前から傷みの酷かった「キハ81」ですが、塗装は塗り替えられているのに綺麗ではありませんでした。
長期雨ざらしだったので、下地がかなり悪くなっている模様。

顔立ちはまさに「ブルドック」。


交通科学博物館10

旧型客車マニアとしては、とてもワクワクさせられる車両です。
二等A・B寝台車の「マロネフ59-1」・・・ 
1952年製らしいので既に50年以上が経過しています。
車内も覗いて見ましたが、当時としてはかなり豪華だったのではないでしょうか。


交通科学博物館11

こちらは旧型の食堂車。
以前の館内食堂として使用されていました。


交通科学博物館12

日本最大最強の「C62」、「D52」の改造機でもある。


交通科学博物館13

ナメクジ型の「D51」。
デゴイチは史上で最大数量製造された機関車です。
全国各地に静態保存機が存在します。


交通科学博物館14

こちらは大好きな20系客車の「ナシ20」食堂車です。
現在の館内食堂として使用されています。


交通科学博物館15
すべてSONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

「ナシ20」の車内は綺麗に改装されていますね。
景色は変わりませんが食堂車の雰囲気を味わいながら食事が楽しめます。

他にも保存車両はありましたが、これから行かれる方のために公開しないでおきましょう。
ちなみに入場料は大人400円です。  










8年ぶり、通算4度目の大阪交通科学博物館にやってきました。
ここに来れば旧型の車両が見れるので、ついつい立ち寄ってしまいます。
当日は平日の上、インフルエンザの影響なのか、4~5組の来場者しか見当たらず、ほぼ貸切状態でした。


交通科学博物館1

0系の最期が見届けれなかったので、苦し紛れの撮影です(笑)


交通科学博物館2

運転台に上がってみると、現在の新幹線車両からは想像が付かないほど簡素な造りです。
最近まで走っていたとはいえ、時代を感じさせますね。


交通科学博物館3

非電化区間育ちの私には馴染みがありませんが、マニアが喜ぶ一品です。



交通科学博物館4

私はこちらの方が好き。
実車がなくて模型ですが、欲しくなってしまいますね。


交通科学博物館5

特設で「富士」、「はやぶさ」のヘッドマークや写真が展示されていました。


交通科学博物館6

最終期のものだけあって、一番馴染み深いかも・・・
綺麗ですが、実際に使われていたための傷が点々と見えますね。


交通科学博物館7
すべてSONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

この表示一つで価値在る物に変わってしまいましたね~(笑)



この博物館に来た一番の楽しみは、屋外の展示車です。
数点撮影しておりますので次回にでも・・・    つづく







先日、久しぶりに大阪まで遊びに行ってきました。
高速料金が安くなったとしても、時々乗り鉄しなければJRを支えることは出来ません(笑)
新型インフルエンザの恐怖に怯えながらも、予定をこなして無事に帰還いたしました。
感染していないことを祈るばかりです・・・


今回使用したのは「阪神往復早得きっぷ」で出雲市~大阪市内往復が
「やくも」「のぞみ」の指定席利用で12000円。
まずは「やくも2号」を少し撮影してみました。


ゆったりやくも1

車両はリニューアルした「ゆったりやくも」。
この「やくも2号」は出雲市4:49分発で、始発駅を日本一早く出る特急列車です。
時間の有効利用的には便利が良いですが、こんな早朝に設定される本当の理由は他にあるらしいです・・・


ゆったりやくも2

イメージキャラクターの「やっくん」と「ももちゃん」。


ゆったりやくも3

普通車の車内です。
きれいな感じで乗っていても気持ちよかった。
ゆったりというよりも、早朝なのでガラガラという感じです。


ゆったりやくも4

こちらはグリーン車の車内。
誰一人乗っていません(笑)


ゆったりやくも5

洗面所も綺麗です。


ゆったりやくも6
すべてSONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

もちろん、トイレもリニューアルされて綺麗になっていました。

ほとんど徹夜状態で乗り込んだ「やくも」ですが、伯備線に入ってからは爆睡してたので景色は楽しめませんでした(笑)
岡山からはN700系「のぞみ」で新大阪へ・・・

大阪では写真を少し撮ってますので、次回から小出しにしていきます。





前回の工臨の続きです。
追っかけこそは出来ませんでしたが、益田駅での機回しの様子を見学していました。

バラストホキ工臨38

益田駅到着後、折り返しのため機関車を付替えします。
相変わらずこの方向からだと逆光になるので厳しいです。


バラストホキ工臨39

こちら順光。
機回し中の作業員さんの人数は半端じゃありません。
滅多に無いことなので訓練を兼ねていたみたいです。


バラストホキ工臨40
すべてSONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

益田駅ちょい俯瞰。
障害物がたくさんあって見苦しいですが、初めて昇ってみました。
この後は返しを追いかけることも無く、潔く撤収しました。


2009.05.11撮影


先日の5月11日、またまた下関~益田間で工臨がありました。
今回もバラストホキです。


バラストホキ工臨36

この時間、この向きでは逆光がキツくなります。
場所選びをミスったかな?


バラストホキ工臨37
すべてSONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

当日は仕事がありましたので追っかけは出来ず、益田周辺のみの撮影でした。
あと1回続きます。

2009.05.11撮影

戸田小浜~益田間

4月21日撮影分です。
夕方の美祢線に出撃しましたが、どうも気が乗らない・・・
こんな日もありますよね。
撮影場所を探し歩きますが、少しマンネリ化してきたみたいです。(個人的に)

岡見貨物181
SONY α700+70-200/F2.8 G

久しぶりに四郎ヶ原駅にやってきました。
この日は脚立を持参してなかったので、跨線橋の上からの撮影は断念、階段の途中にセッティングしました。
ここでの撮影後、追っかける気力も無く美祢方向へ移動。


美祢貨物97
SONY α700+28/F2.8

いい加減な気持ちでやって来た場所。
木々は邪魔ですが、定番外しで新鮮な気持ちになりました。
この日以来、美祢線には足を運んでいません。
次は一体いつになるのだろう?


2009.04.21撮影

鮮度が無くなってしまいましたが、4月26日に2度目のキハ47姫新線色の配給がありました。
当日は仕事だったので追っかけは出来ず、近くで駅撮りです。


47配給1

牽引機は後藤のDD51 1186号機。


47配給2

一応、キハ側からも撮影。
キハの連結方向は前回も同じでした。


47配給3

ホームの明かりを借りて無理やりツツジ絡み。


47配給4

今度は無理やり「スーパーおき」絡み。


47配給5
すべてSONY α700+Vario-Sonnar T*DT 16-80/F3.5-4.5 ZA

停車時間が長いおかげでゆっくり撮影できましたが、発車寸前ではすっかり暗くなってしまいました。


2009.04.26撮影  西浜田駅にて




山陰本線の工臨(4月14日分)の最終回です。
夕刻の暗くなった区間での撮影をやめて、再び長門市駅まで追いかけてきました。
長門市駅では停車時間が長い事を理由に、湯免温泉へ寄り道し、温まってから駅入りとなりました。

バラストホキ工臨33
SONY α700+50/F1.4

当日はKたろーさんも撮影に来られてたみたいですが、同じ駅内にいても出会うことも無く・・・
完全なニアミスです。
温泉に行って20分遅刻したのが原因でしょうか?


バラストホキ工臨34
SONY α700+28/F2.8

せっかくなのでホームからの撮影。
ちゃんと入場券は買いました(笑)


バラストホキ工臨35
SONY α700+50/F1.4

長門の顔が揃います。
列車はいてもひと気の少ない長門市駅でした。
おかげでゆっくり撮影が出来ました。





山陰本線工臨の続きです。
空がどんどん暗くなってきますが、それでも追っかけは続くのです・・・

バラストホキ工臨29
SONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

踏み切りを横断しようとしたところ、警報機が鳴り出したので急遽撮影したカット。


バラストホキ工臨30
SONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

空は灰色、川も灰色・・・
ここで撮影を一時中断しました。


バラストホキ工臨31
SONY α700+70-200/F2.8 G

ここから返しとなります。
山の陰で光線が足りない~。
雨+夕方は超厳しい・・・


バラストホキ工臨32
SONY α700+50/F1.4

ここで走行写真は打ち切りました。
でも追っかけはまだ終わらないのです・・・
あと1回続きます。

2009.04.14撮影



前回の工臨の続きです。
特牛駅までの運転速度は非常に遅く、お手軽ポイントなら駅間で3箇所は撮影できます。


バラストホキ工臨25

定番の滝部~特牛間です。


バラストホキ工臨26

この時点でバラストは満杯でした。


バラストホキ工臨27

移動して長門粟野~伊上間です。
ここもお手軽ポイントですね。


バラストホキ工臨28
すべてSONY α700+70-200/F2.8 G

お天気は回復することなく、列車は東へと進んでいきます。

次回続く・・・

2009.04.14撮影



去る、4月14日に山陰本線(下関~益田)の工臨を追いかけてきました。
なかなかアップ出来ませんでしたが、数回に分けて出していきたいと思います。

当日は生憎の雨でした。
1月の時も天気が悪かったな~
小串駅あたりから始める予定でしたが、雨風が強く、撮影場所を選ばないといけない状態でした。


バラストホキ工臨20

ウロウロしているうちに時間は迫ってきます。
とりあえずココで・・・  随分戻ってしまいましたが宇賀本郷駅からのスタートです。


バラストホキ工臨21

駅舎で雨をしのいで待ち、列車が来ると雨の中へ突入!
サツキとの絡みもこのお天気では・・・

そして、前から気になっていた場所へと移動・・・


バラストホキ工臨22

ど~ん!
近くの小学生が書いた壁画と共に・・・
構図は難しいけど、この場所気に入った~!  また来よう。


バラストホキ工臨23

バラスト撒きの作業も押さえてますが、天候が悪化!


バラストホキ工臨24
すべてSONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

ギャ~!
レンズが濡れる~!
雨が吹き付けるので、この場は即座に撤収です。

次回続きます・・・





以前は険しく登れなかった所へも登れるようになりました。
それでもノーリスクではありません。
この日も足のスネに20センチの切り傷、手には2箇所のトゲが刺さりました。
遠くが見渡せるこのポイントでは高倍率ズームが威力を発揮します。


岡見貨物178

これでも焦点距離は100mm(35mm換算150mm)


岡見貨物179

ぐ~んと手前に引いて海を取り込みます。
生憎の天気で海は綺麗ではありませんが・・・


岡見貨物180
すべてSONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3

最後に押し切った1枚!
ギリギリフレームインしていました。

2009.04.13撮影





季節が変わってしまう前に急いでアップです。
少し霧吹きをし過ぎてしまいましたが瑞々しさと一緒にお届けします。

たんぽぽ1

パラシュート状の種の方は水滴がなかなか粒状にならなくて、過剰演出になってしまいました。


たんぽぽ2

タンポポの花は、朝開花して夕方閉じるって知ってました?
あまり気にも留めない花なので、私は知りませんでした。


たんぽぽ3
すべてSONY α700+100/F2.8 Macro

マクロ撮影では三脚必須ですが、ローアングルではセッティングが非常に難しい。
蛸足になるタイプの三脚ですが被写体までの距離が縮められません。
スライダーが必要になるのかもしれませんが、やっぱり手持ちが気軽でいいですね。
息を止めるのも慣れてきましたし・・・(笑)


2009/05/06(水) 22:44:36
コメント (2) / トラックバック (0) トップへ戻る
写真の在庫処分をと考えていましたが、コメント頂きましたので先日の「やまぐち号」を・・・

今季初となります。

やまぐち号14


やまぐち号15
すべてSONY α700+50/F1.4(1枚目トリミング)

当日は時間も無く、このカットのみの撮影でした。
超定番の白井での撮影ですが、撮影者は少なく、何だか拍子抜けです。
その少ない中で、私の地元のお知り合いの方とバッタリ出会い、ちょっとビックリ・・・・。
撮影はご一緒させていただきました。
ちょっと光線状態が強過ぎるお天気でしたが、気持ち良く撮影できました。
煙が少ないかな~ 残念・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。