ローカル写真日記2.0

プロフィール

ナツボウ

Author:ナツボウ
島根県在住
カメラ、鉄道好き。(鳥も)
作品といえるものは無く、人生の記録として写真撮ってます。
最近始めた鳥の撮影、ちょっと楽しんでます。

◆最近のテーマ◆
テーマがコロコロ変わるのですが、しばらくは幻の広浜鉄道今福線を題材にしていきます。
祝! 今福線シンポジウム!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク
検索フォーム
撮影機材

  SONY α77  SLT-A77V
  SONY α77  SLT-A77V

 ◆SONY
  50/F1.4 SAL50F14
  100/F2.8 Macro SAL100M28
  70-200/F2.8 G SAL70200G
  DT 11-18/F4.5-5.6 SAL1118
  DT 16-50/F2.8 SAL1650
  DT 18-250/F3.5-6.3 SAL18250
  Carl Zeiss Vario-Sonnar T*
  DT 16-80/F3.5-4.5 ZA SAL1680Z

 ◆TAMRON
  SP 150-600/F5-6.3 Di USD(A011)

 ◆KENKO
  TELEPLUS MC4 1.4xDGX
  TELEPLUS MC7 2xDG

 ◆VIXEN
  ED80SF

 ◆SLIK
  ザ プロフェッショナル4
  プロ700DXⅡ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 --/--/--(--) --:--:--
/
久しぶりに滝を撮ってみましたが・・・
どーもシックリきませんねぇ。

この滝は山口県下関市豊田町の徳仙の滝です。
魅力はすぐそばまで車で行ける所かな(笑)


徳仙の滝1

単レンズ1本で挑みましたが、構図に無理があったような・・・
一応、スローでは撮ってみましたが・・・


徳仙の滝2
すべてSONY α700+28/F2.8

こちらは全景です。
なんでスローシャッターを使わなかったのか、今になって悔やまれます。

最近鉄道ばかりですからね~
滝の撮り方を忘れてしまいました~


スポンサーサイト
2009/03/07(土) 20:15:45
コメント (2) / トラックバック (0) トップへ戻る
長門の白糸の滝です。
丁度一年ぶりに足を運んでみました。

昨年の様子はこちら
http://natubou2.blog81.fc2.com/blog-entry-134.html

とりあえず同じアングルで撮影しましたが、季節も同じで変わった感じがしませんでした。


白糸の滝7
SONY α700+DT 18-250/F3.5-6.3


白糸の滝8
SONY α700+DT 11-18/F4.5-5.6

紅葉の季節に来ればいいのに、いつも旬を外してしまいます。
気まぐれだからでしょうね(笑)


2008/10/10(金) 22:17:47
コメント (4) / トラックバック (0) トップへ戻る
久しぶりに休日に撮影に行く余裕ができました。
秋になったら行こうと決めていた「養戸の滝」、なぜならば銀杏の大木があるからです。
しかし行ってみると銀杏は葉が落ちてしまって枯れ木と変わっていました(残念)
まあ、それでもと撮影して家に帰って写真を見てみるが何だかシックリこない!
カメラが違うせいなのか、レンズのせいなのか???

養戸の滝 秋1
SONY α700+Vario-Sonnar T*DT 16-80/3.5-4.5 ZA

養戸の滝 秋2
SONY α700+Vario-Sonnar T*DT 16-80/3.5-4.5 ZA
露出オーバー気味? 何故???


養戸の滝 秋3
SONY α700+70-200/2.8 G

もみじ1
SONY α700+70-200/2.8 G
α700の縦横比16:9モードを使ってみる。
これはこれで使い道がありそうだ。
虫食いだらけのもみじでした。


2007/11/28(水) 20:59:12
コメント (6) / トラックバック (0) トップへ戻る
白糸の滝2

長門の白糸の滝です。
大きな看板に触発されて立ち寄りましたが、駐車場から300メートル、機材を背負っての登りは運動不足の私としては少々きつかった。
辺りは少々薄暗くて雰囲気は意外と良い。ND無しでも十分でした。

【続きを見る】
2007/10/11(木) 09:13:28
コメント (14) / トラックバック (0) トップへ戻る
先週の休みの朝、雷ゴロゴロ、雨ザーザーだったので、
またまた双川峡へ行って来ました。

現地に着いた時は雨も上がっていましたが、曇り空の下での滝撮りは最高のコンディションでした。


養戸の滝1

この大きな木は銀杏なんですよ。秋が楽しみです。


養戸の滝2


養戸の滝3


養戸の滝4
すべてSONY α100+SONY DT 18-200/3.5-6.3

今回はCPL+ND+曇り空で撮影は楽でした。
立て続けに2回も行ってしまったので少し飽きてしまいました。
次回は秋頃に行ってみたいと思います。
ヘビは出なかった~よかったよかった~






2007/06/04(月) 22:14:43
コメント (6) / トラックバック (0) トップへ戻る
先週、江津市桜江町の観音滝に寄り道してきました。
タイトルが気になると思いますが、まずは滝の写真をご覧ください。

正確にはこの写真にも重大な失敗があるのです。
NDフィルターが無かったのでシルキーにも撮れてませんが、もっと重大なことです。


観音滝1
SONY α100+SONY DT 18-200/3.5-6.3


観音滝2
SONY α100+KONICAMINOLTA AF DT 11-18/4.5-5.6(D)

分かりませんよね。
この2枚は背景や絞り込みのおかげで目立ってはいないのですが、
次の写真を見ていただけば一目瞭然です。

その失敗とは?


【続きを見る】
2007/05/27(日) 22:40:45
コメント (10) / トラックバック (0) トップへ戻る
前回に続き、双川峡の写真です。
結局、1時間30分位うろついてましたが、蛇が出てきたので退散しました。
良く見てみると蛇穴もたくさんあって、蛇がウジャウジャいそうな気配を感じました。
マムシではなかったですが、携帯電話の電波も届かない地で一人は危なすぎるなぁ~

双川峡5
SONY α100+SONY DT 18-200/3.5-6.3


双川峡6
SONY α100+MINOLTA AF 80-200/2.8 HS-APO G

ISO 800でもシャッター速度は800分の1秒しか稼げず。
これって静止してるの? 微妙かな~


双川峡7
SONY α100+MINOLTA AF 80-200/2.8 HS-APO G

イチョウの葉の緑がとても綺麗でした。
開放過ぎて、背景の滝までとろけてしまいました。


双川峡8
SONY α100+SONY DT 18-200/3.5-6.3

横構図と・・・


双川峡9
SONY α100+SONY DT 18-200/3.5-6.3

縦構図、どっちがいいかな?


実は前回今回の写真は、再度購入したSONY DT 18-200/3.5-6.3の試し撮りも兼ねてました。
誰も気付きませんでしたね~(笑)




2007/05/17(木) 22:01:33
コメント (12) / トラックバック (0) トップへ戻る
新緑の季節になると、山の中へ入って行きたくなるものです。
今日は天気も良く、滝を撮りに行って来ました。

自宅から程好く近くにある、双川峡(そうせんきょう)の養戸の滝です。
現地に着いた時、既に老人の団体さんが見物されていて、撮影の障害になるので帰られるのを待っていました。
三脚、カメラバック2つの重装備で目立っていたので、数人のお婆さんに
「写真撮るん?」「お兄ちゃん、一人で来たん、寂しいね~」なんて声を掛けられました。
余計なお世話だと思いました~


双川峡1


双川峡2


双川峡3


双川峡4
すべてSONY α100+SONY DT 18-200/3.5-6.3

滝を撮りに来て気付くことは、やっぱりNDフィルターが欲しいわ~

フィルターと言えば本日、CPLフィルターを落下させてしまいました(ToT)/~~~
ファインダーを覗きながら調子に乗ってグルグル回していたらポロリ。

教訓 「右ネジの法則」ではありませんがCPLは右回しで使うべし。



2007/05/15(火) 22:04:55
コメント (16) / トラックバック (0) トップへ戻る
三ッ滝1

三ッ滝2
すべてKONICA MINOLTAα7D+MINOLTA AF24-105/3.5-4.5(D)

今日も1日暑かった。やっと夏らしくもなったが今までとのギャップが激しすぎる。こういうときは比較的体調を崩しやすい。

本日も涼しげな画像をUPしました。

写真は西中国山地国定公園 特別名勝 三段峡の極々一部である三ッ滝です。
通常で撮影したものとスローシャッターの比較です。

撮影時は三脚、カメラバック持参で谷へ降りて行き、撮影後に大変な地獄が待っていた。ものすごい急な上り坂で重い荷物。息が切れるは蛇に出くわすはで上に戻った時には半分死んでいた。きっと二度と行かない所だろう。
2006/07/14(金) 22:12:51
コメント (7) / トラックバック (0) トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。